石鹸というと、爽やかな香りが印象的です。

異性からの受けもいいので、特におすすめの香りの一つだと言えます。

この清潔感のある石鹸のような香りの香水、実は自分でも作れてしまうんです

でも香水の手作りって難しいのでは?と思われがちですが、そんなことはありません!

作り方さえわかれば、意外と簡単に作れてしまいます。

そんな石鹸香水のおすすめの作り方を紹介します。

ぜひ自分だけのオリジナル石鹸香水を作ってみて下さい。

【スポンサードリンク】

石鹸香水のおすすめブレンド精油の作り方

石鹸香水の作り方としては、アロマテラピーに使う精油(エッセンシャルオイル)をアルコールにブレンドします。

精油には色々な種類があり、香りの持続時間も異なります。

まずは、数種類の精油をブレンドして石鹸の香りに近づけます。

今回は肌に優しい15%濃度での香水の作り方を紹介するので、精油は全部で30滴になるように配分してあります

石鹸香水のおすすめブレンド精油レシピ➀ (一般的な石鹸の香り)

・ラベンダー 14滴・・爽やかで心が落ちつく作用がある

・レモン 12滴 ・・フレッシュな香りで頭をすっきりさせる

・パチュリ 4滴・・甘くスパイシーな香りで気持ちを安定させる

石鹸の香りに近いラベンダーをベースとした香水になります。

パチュリは個性が強い精油なので、少しずつ様子を見ながら足していくとよいでしょう。

石鹸香水のおすすめブレンド精油の作り方➁ (ローズ系の石鹸の香り)

・オレンジスウィート 6滴・・やや甘さのある香りで気分をリフレッシュさせる

・ラベンダー 6滴

・ゼラニウム 12滴・・バラのような香りで気持ちを高揚させる

・ローズオットー 6滴・・優雅なバラの香りでストレスを和らげる

ちょっと上品で優雅なバラの香りをベースとした、ローズ石鹸の香りに仕上がります。

お好みで好きなほうを選んで作ってみましょう。

【スポンサードリンク】

石鹸香水の材料とおすすめの作り方

石鹸香水作りに必要なものを揃えましょう。

 準備するもの
・無水エタノール   10ml
・精油        30滴
・ガラスのコップ    1個
・遮光ビン      1本
・スポイト      1個

無水エタノールはドラッグストアでも購入できますが、40度以上のウォッカがあれば代用できます。

また、肌のなじみがよいホホバオイルなどの植物油を使っても、同じ作り方で香水ができます。

ガラスのコップやスポイトなどは、100均でも安く揃えられます。

精油は、天然で純度の高いもののほうが香りの質も良いので、専門店での購入がおすすめです。

石鹸香水の作り方はこちらです。

1.ガラスのコップに、スポイドを使って無水エタノールを入れます。

2.精油をブレンドレシピの通り、合計30滴になるように加えて、よくかき混ぜます。

3.混ざったら遮光ビンに入れてフタをします。

4.まだ香りが完全には馴染んでいないので、そのまま置いておきます。

5.1日1回はビンを振るのを1週間続けば石鹸香水の完成です。

石鹸香水は作ってから大体3週間で香りがしっかり混ざり合って、石鹸の爽やかな香りがしてきます。

石鹸香水の完成後は、スプレー容器に入れ替えると使いやすいのでおすすめです。

最後に

石鹸香水は必要なものを揃えて、後は加える精油の量を間違えないように気を付けれて作り方通りに進めれば、自宅でも短時間で作れます。

精油を使ったことがない人でも、簡単にできるのでおすすめです。

【スポンサードリンク】