口内炎ができてしまった時は何としてでも早く治したいものです。

口内炎ができると食事ができなくなったり、会話が困難になったり、また痛みそのものもあるので不快です。

忙しくて対処している暇がないので簡単な方法で口内炎の対処をしたいと考えられている方も多いと思います。

今日は塩でうがいをするというのが口内炎に効果的があるということなので口内炎のメカニズムとともに追求したいと思います。

用意するのは水と塩だけで、簡単にうがいをするだけで効果があるようです。

口内炎ができて、悩んでいるという方は必見です。ぜひ参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

口内炎とは

一般的に口内炎と呼ばれているようですが、口内炎には主に3種類あります。

ごく軽度な症状の口内炎は、カタル性口内炎に分類されます。

カタル性口内炎は一般的な口内炎で、口内に傷ができたり、栄養不足が原因でぶつぶつが口の中にできるようです。

痛みはそれほどなく、粘膜が赤く腫れあがる感じがして、口の中に赤い斑点を発生させるのが特徴です。

唾液の分泌が少なくなったり、口内の水不足が原因で細菌が発生して発症します。

酸っぱいものや、アルコールなどを口に含むとしみます。

腫瘍性口内炎は、強い痛みを伴い、時にはこの口内炎が原因で高熱も出るようです。

この口内炎はさらに細かく3つに分類され、症状も重いので注意が必要です。

またこの口内炎になると食事がしにくくなったり、会話が困難になるので、早く治したいものです。

最も恐ろしい口内炎は壊疽性口内炎と呼ばれていて、口の中が腐ってしまうという症状が伴います。

肺炎になったり、じん麻疹などができて身体的に弱くなっているときに発生する可能性があります。

口内炎ができるのは口腔内にできた傷や栄養不足が原因であると考えられていて、身体に異常が起きているときのサインでもあるので、体をチェックすることも大切です。

【スポンサードリンク】

塩でうがいするのが効果的!

口内炎になったら、食塩水で朝夕うがいをするのが効果的です。

口内炎になると歯を磨くことが困難になるので、歯磨きの代わりに塩でうがいをするというやり方でも構いません。

塩でうがいをして一日二日で症状が和らぎ一週間もすれば口内炎が気にならなくなります。

これは昔からの民間療法で、口の中を殺菌するので、大変効果的です。

口内炎を防ぐには

口内炎ができるのには、栄養不足、特にビタミンBが不足していることが最も大きい原因のようです。

ビタミンの入った食事を心がけるほか、食事だけでは補えない場合はビタミンBやCの入ったサプリメントを摂取したりするのが口内炎を作らない方法です。

また歯磨きを十分にし、喫煙やアルコールの摂取を控えることで、口内炎に対処できると言えます。

最後に

いかがでしたか。

口内炎を未然に防ぐためにも塩でうがいすることをお薦めします。

塩でうがいをすることは風邪の予防にもなったりしますので簡単で効果的な方法だと言えます。

塩水でうがいを習慣化してもよさそうです。

【スポンサードリンク】