高齢者は若者よりも夏バテの危険性が高いです。

高齢者の場合、毎食の食べ物の量が若者よりも少ないことが多いため、夏バテを予防するのに必要な栄養が足りておらず、暑さに耐えられずに夏バテになる危険性があります。

そんな夏バテを予防するために、高齢者の方でも食べられる食べ物をご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

高齢者にとっての夏バテの危険性

高齢者は若者よりも体力が少なく、また体温調節のための発汗機能も衰えていることが多いです。

また歯が悪く固いものを食べられなかったり、食も細くなったりして食べ物もあまり多くは摂ることができず、結果必要な栄養が取れていなかったりすることもあります。

その結果夏バテになり、また食欲もなくなるという悪循環にハマってしまうと、さらに症状は進んで熱中症脱水などの危険性はますます高まってきます。

そんな夏バテを予防するためにも、高齢者でも食べられる食べ物でしっかりと栄養を補い、健康な体を維持できるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

夏バテ予防に効く栄養素

一般に夏バテの予防に有効な栄養素は、もちろん高齢者の方にとっても効果的です。

たとえば、疲労回復に効くと言われているビタミンB1は新陳代謝を改善して体の中の老廃物の排出を促進して疲れにくい体にしてくれます。

基礎的な体力を増強するために必須の栄養素であるタンパク質なども夏バテの予防に非常に有効です。

汗で失われるミネラルをしっかりと食べ物から補給しておくことも重要です。

さらに、暑さによって食欲が減退することも多いですから、お料理にさっぱりとした酸味や香辛料などを使用して食欲増進を図る工夫もあるといいですね。

高齢者のための夏バテ予防の食べ物

これらの栄養素をしっかりと補給でき、かつ高齢者の方の好みにも合いそうな食べ物のメニューをご紹介していきます。

食材としては、豚肉や豆類、魚、卵、うなぎなどの良質なタンパク質を確保できるものや、きゅうり、トマト、なす、とうもろこし、チンゲンサイ、ゴーヤなど夏の野菜も効果的です。

これらを使った料理としておすすめの食べ物をご紹介します。

中身を取り出してお湯にくぐらせてから冷やしたゴーヤと、ツナをゴマ油や醤油などで味付けし、鰹節を乗せた和え物などは高齢者のお口にも合うでしょう。

あっさりした味がお好みならゴマ油や醤油を使わずにポン酢などに変えてもいいですね。

その他には、豚肉を炒めてから煮込み、柔らかくなったら肉を取り出して同じ出汁で茄子を煮込む、豚肉と茄子の炒め煮なども良いでしょう。

豚肉はタンパク質とビタミンB1を同時に補給できる良質な夏バテ予防食品ですし、炒めてから煮込んでいるので高齢者の歯にも優しいです。

オクラや梅干し、しょうがやミョウガなどを冷奴に乗せて食べるのもおすすめです。

暑い夏でも美味しくいただけますし、タンパク質やビタミンをしっかり補給することができます。

最後に

高齢者の方が夏バテを予防するのに必要な栄養素や食べ物についてご紹介してきました。

もちろん食べ物の他にも適切な水分補給や風通しのよい涼しい環境を作ることなど、様々な対策が必要です。

高齢者の方は若者が思っている以上に暑さに対する抗力が失われていますので、しっかりとケアをしていきましょう。

【スポンサードリンク】