お料理やお菓子作りで使う頻度の多い小麦粉と片栗粉ですが、気になるのはその糖質やカロリー。

特に、小麦粉はお菓子やパン作りでもよく使いますし、

片栗粉も普段のお料理や和菓子などにも使いますよね。

健康診断や病院で、カロリー制限や糖質制限を言い渡されている方も多いこのご時世。

身近な食材である小麦粉や片栗粉だからこそ、気になる糖質やカロリーを知ることで、

お料理をしたり、食べるものを選ぶ時にも役立つはず。

今回は、そんな小麦粉と片栗粉の糖質やカロリーについてのお話です。

【スポンサードリンク】

小麦粉と片栗粉の糖質とカロリーは?

それでは、小麦粉と片栗粉の具体的な糖質とカロリーについてお話して行く前に、

そもそも小麦と片栗粉はどのような成分からできているのでしょうか?

小麦粉とは、その名の通り小麦の粉です。粉のタイプには薄力粉、中力粉、強力粉があり、

それぞれ水に溶かすと粘り気の具合が異なり、薄力粉→中力粉→強力粉の順に粘り気が強くなります。

これは粉のキメの細かさが関係していて、粘り気が強いほどキメが粗くなります。

カロリーは薄力粉9g(大さじ1)が36Kcalで、糖質は6.6g。

強力粉9g(大さじ1)が38Kcalで、糖質は6.8g。中力粉はその間となります。

そして片栗粉は、ジャガイモのデンプンからできたものであり、

パンなどを作るときもモチモチとした食感を作り出すためなどにも使われている片栗粉。

ですが、ジャガイモのデンプンからできているだけに、

片栗粉9g(大さじ1)でカロリーは33Kcalで糖質7.2gと、糖質がお高め。

片栗粉は少ない量を使ってお料理にとろみをつける際などによく使われているので、

少ない量を使っている分には問題ないでしょう。

ですが、糖質制限を言い渡されている方は、片栗粉を多く使ったモチモチパンや、

片栗粉が多く含まれた和菓子などは注意が必要と言えるでしょう。

【スポンサードリンク】

→ぽっこりお腹をどうにかしたい!関連サイトはこちら

小麦粉や片栗粉は意外と高カロリーの高糖質!それなら。。

小麦粉は片栗粉に比べてカロリーが高く、片栗粉は小麦粉に比べて糖質が高いことがわかりました。

カロリーを気にする方が小麦粉の代わりとして使える物といえば米粉があります。

米粉は小麦粉に比べるとカロリーが低く、油の吸収率が低いため、パンやケーキなどを作る時に

体に取り込まれる油の率が少なくなります。

ですが米粉ももともとはお米のデンプンが多く含まれていますから、糖質は小麦粉より高いです。

また、片栗粉の代わりになるようなとろみをつける糖質の比較的低い代用品となると、

料理の内容にもよりますが「えのき茸のみじん切り」が有効なようです。

「えのき茸のみじん切り」を入れて煮込むことでとろみがつくからです。

小麦粉と水を1:1で溶かして入れても代用でき、こちらもカロリーが高くなるものの、

片栗粉よりは比較的糖質が低くなります。

最後に

小麦粉と片栗粉の糖質やカロリーは、意外とどんぐりの背比べ。

ですが特徴としては小麦粉の方がカロリーが高く、片栗粉は糖質が高めとのいう結果でした。

とは言うものの、何ごとも「チリも積もれば山となる」です。

日頃から食生活を意識をもって注意していることで、

最終的にはカロリー制限も糖質制限も可能となってくるはずです。

今日からの食事の選び方の参考に、是非なさってくださいね!

→ぽっこりお腹スッキリダイエットサプリおすすめ!

【スポンサードリンク】