こめかみの白髪の左右の違いについてですが視神経と関連しており、眼精疲労が原因といわれています。

デスクワーク等で疲労しきった目が神経細胞を活発にさせて、体の栄養が不足となり黒髪に必要な色素であるメラニンを減少させています。

さらに周囲にも影響を与えてこめかみの白髪になる可能性があります。

左右のこめかみの白髪についてまとめてみました。

よかったら参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

こめかみにはえる白髪について

こめかみにできた白髪はストレスのサインと言えます。

白髪が多く生える場所というのは、血流が悪くなっている場所だとも考えられます。

白髪が生えている部位によって、体の不調を確認してみてもいいかもしれませんね。

こめかみには神経細胞が通っており、脳の司令を伝達しています。

疲れている時やストレスが溜まった時に、こめかみの部分が痛くなるのはこのためです。

同様に、こめかみに白髪が発生したら、それはストレスが原因だというサインなのです。

特に、近年は仕事でパソコンを使う機会が多く、目に疲れが溜まっている方が多くいます。

【スポンサードリンク】

こめかみにはえる白髪は左右で違う

こめかみの左右の違いですが、右側頭部は腎臓、左側道部であれば肝臓になんらかの不調が起きている可能性があります。

恐れもありますので、日ごろのケアの中で気を付けておきたいところですね。

目に疲れが溜まると、こめかみに集中して白髪ができやすくなります。

目が正常な働きをするのに大量のメラニンを消費するのも、白髪ができる要因になるようです。

こまめに休憩をとるなどして、目に疲れを溜めないように気をつけましょう。

徐々に増えてくる白髪は年齢ということで上手く付き合う方法を考えて行くのが一番です。

こめかみにはえる白髪の原因

こめかみの白髪は、ズバリ目の疲れが原因といわれます。

多くの人を苦しめる偏頭痛はこめかみ周辺で激痛が起きるという人も多く、神経細胞の重要なポイントでもあります。

意識的に目を休ませる時間を作り、これ以上のこめかみの白髪を増やさないように気を付けたいですね。

まとまた休憩が取れないという時でも、仮眠・昼寝をうまく使って上手にリフレッシュしてみてください。

ストレスと一口に言っても原因は様々ですが、最も白髪と関係が深いと言われるのが夜更かしによるストレスです。

白髪にとっては大敵だと言われているのが夜更かし。

なぜ夜更かしをするとストレスがかかるのかと言うと、人間は元々昼行性の動物だからです。

人間は、昼間は交感神経が働き、外界からの刺激に対して即座に反応できるよう、緊張状態を保っています。

その一方、夜は副交感神経が働き、眠っている間に昼に酷使した細胞や組織を修復・再生しているのです。

昼夜逆転の生活を送っていると、この人間が本来持つ神経の働きが働きません。

本来なら眠っている間に生成されるはずの、髪の色の元となる色素メラニンも生成が阻害されてしまうのです。

ただ睡眠を取っていればよい、というのではなく、眠る時間にも気をつける必要があります。

特に、夜22時~深夜2時は眠りのゴールデンタイムと呼ばれていて、最も細胞の修復・再生がされる時間です。

夜22時に床に就くのは難しいかもしれませんが、できるだけ早く寝るようにを心がけましょう。

みなさんの生活が少しでもストレスフリーになれば幸いです。

【スポンサードリンク】