コオロギは夏の夜や秋の昼下がり、鳴き声がコロコロコロと季節を告げる鈴虫と同じ鳴く虫です。

男の子のいる家庭などでは飼育したこともあるのではないでしょうか?

コオロギは家庭でも繁殖可能です。飼育には水がとても大切なことって知っていましたか?

今日はコオロギの飼育と繁殖についてご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

コオロギの飼育に必要なもの

コオロギは季節になるとペットショップやホームセンターなどでもコオロギも一緒になった飼育セットが売られています。

ここでは草むらでコオロギを捕まえてきたけれど何を用意したら良いのかという設定でご紹介しますね。

まず、プラスチックのフタ付きの容器を用意しましょう。

もし、蓋がない場合は、ガーゼなどを容器にかぶせて周りを紐などでしばって取れないように固定します。

コオロギは跳ねるので蓋が必要です。

そこに土を入れます。

底が見えなくなるくらい入れましょう。

土は乾いているほうが良く、湿度が上がらないようにしましょう。

水分はカビやダニが発生するのでなるべくカラカラにしましょう。

捕まえた所の土を持ってきても良いし、園芸用の土でも大丈夫です。

隠れ家になるように植木鉢などをドーム型に入れてあげると良いです。

ない場合は新聞紙などをくしゃくしゃにして入れておくとその下に隠れます。

コオロギは家庭でも繁殖できる、簡単に飼える虫です。

【スポンサードリンク】

コオロギの飼育方法

飼育方法として、まず環境が出来たらコオロギにエサをあげましょう。

餌は野菜などが手軽で良いでしょう。

ナスやキュウリやニンジンなどをカットして置きます。

傷む前に取り出して新しいものと替えてあげましょう。

コオロギは雑食なので、ハムスター用のペレットや鶏の餌なんかも食べるそうです。

そして、水です。

コオロギは水を沢山飲むので、脱脂綿を容器に入れ、水を入れておきます。

水分の多い苔などでも良いです。

沢山飲むので毎日水場をチェックしましょう。

水がないとあっというまに死んでしまいます。

次に繁殖方法をご紹介します。

コオロギの繁殖

コオロギの飼育で繁殖について触れたいと思います。

メスのお腹が膨らんできたら卵を産めるように、カップに水で湿らせた土を入れておくと、ここにコオロギは黄色い細長い卵を産みます。

卵が確認出来たら、別の容器などに入れて孵化を待ちましょう。

土は絶対に乾燥させないように気をつけて下さい。

冬を越え5月ころ孵化します。

別の容器にするのは成虫のコオロギは産卵が終わった11月ごろには寿命で死んでしまうからです。

次の幼虫達のために親達の土はフンなどで汚れているので新しく用意すると良いです。

孵化した幼虫は2ミリもありませんが、脱皮を繰り返して2ヶ月ほどで成虫になります。

餌は成虫と同じもので大丈夫ですが水は欠かさず用意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コオロギの飼育方法と繁殖についてご紹介しました。

コオロギは水を飲む虫だと知らなかった人もいるのではないでしょうか?

コオロギを飼育して、ぜひ鳴き声を楽しんでみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【スポンサードリンク】