子供が風邪をひいて熱があるとき、お風呂に入っていいのかどうか迷いますよね?

高い熱があると汗もかいてお風呂に入れてあげたい半面、熱があるときはお風呂はだめだと言われてきませんでしたか?

子供が風邪をひいて熱がある場合、お風呂はどうしたらいいのでしょうか。

【スポンサードリンク】

子供が熱を出した!お風呂はやめたほうがいいの?

自分が子供のころ、熱があるときはお風呂はだめ!と言われませんでしたか?

自分がそういわれて育った人は、子供が熱を出したらお風呂に入れるのはだめなのかと思いますよね。

でも、子供は汗をかいて不快そうだし、入れてあげたくもなります。

実際に、風邪で熱があるとき、お風呂はどうするべきなのでしょうか。

お医者さんの考えは、38度までの熱で、子供が元気ならお風呂は大丈夫だそうです。

多少の熱があっても、元気そうで、下痢や嘔吐、食欲不振などの症状がないならお風呂には入っていいそうです。

しかし、あくまで元気なことが前提なので、熱があってぐったりしていたりご飯を食べないときはやめておきましょう。

ぬるめのお湯にさっとつかり、皮膚を清潔にするのはいいことです。

湯船の湯気で鼻詰まりが解消されるなどメリットもあります。

気分的にもさっぱりして子供も気持ちがいいというのもあります。

【スポンサードリンク】

どうして昔は「熱があったらお風呂はだめ」だったの?

38度未満ならお風呂は大丈夫なのに、なぜ昔は「熱があったらお風呂はだめ」と言われていたのでしょうか?

昔は、お風呂と言ったら家ではなく銭湯に行くのが普通で、熱を出した子供を連れて銭湯に行くと、衛生面が心配ということがありました。

また、帰り道に湯冷めしてしまい、風邪がひどくなる恐れもありました。

お湯の温度が高かったり、移動で体力を使うこともあり、子供が熱を出した時にはお風呂はだめと言われていたようですね。

しかし今は各家庭でお風呂に入れますし、お湯の温度も調節できるので、元気ならば大丈夫というわけです。

風邪で熱があるときにお風呂に入るうえで注意すること

上でも書きましたが、熱と言っても38度を目安にしてください。

それより高い熱の場合は、お風呂はやめておきましょう。

また、子供が元気なことが前提なので、入っても大丈夫そうかきちんと見極めてください。

そして、体に湿疹やおできができているときは、清潔な一番風呂に入れてあげてください。

お湯の温度は37~38度くらいのぬるめのお湯にしましょう。

長くつからず、お風呂上りに湯冷めしないようにきれいに拭いて、髪の毛も早く乾かします。

お風呂から上がったら十分な水分をとり、少し休んで体温が下がってから寝るようにしてください。

ちなみに解熱剤で一時的に熱が下がっているときは、本来は高熱の可能性もあるので、お風呂はやめておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

子供が風邪をひいて熱があるとき、お風呂はどうしたらいいか書いてみました。

昔と違って今は38度未満の熱ならお風呂は入っても大丈夫です。

熱だけでなく、元気そうか見極めるのを忘れないようにしてください。

湯冷めや長湯には気を付けて、子供がさっぱりできるようにしてあげてください。

お風呂から上がったら水分補給もしてくださいね。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】