子供の耳垢が奥にたまって取れない!と困ったことありませんか?

入浴後に耳掃除をこまめにしているというお母さんもいるでしょう。

ケアしているのに、子供の耳垢がなぜ奥にこびりついて取れないのか・・・不思議ですよね。

でも子供の耳垢が奥に入りこんで取れないからといって、無理やり取ろうするのはNGです。

そこで、子供の耳の奥に耳垢が入りこむ理由と取れない時の対処法を紹介するので参考にしてみましょう。

【スポンサードリンク】

子供の耳垢が耳の奥に入り込んで取れない理由

子供の耳垢が溜まると中耳炎になるから、こまめに掃除しないと思い込み、毎日のように耳穴に綿棒を差し込んでグリグリ耳掃除するというお母さんもいますよね。

子供の耳垢が奥にまで入りこんで取れない原因のほとんどは、まさにコレ!なんです。

人間の耳は、耳穴に耳垢が溜まったら自然に出口に向かって排出される作りになっています。

そのため、耳掃除というのは月に1回ほどすれば十分だとされています。

頻繁に子供の耳穴を綿棒でほじると、中に溜まった耳垢をより耳の奥へと押し込み、余計取れない状態にしてしまうのです。

【スポンサードリンク】

耳の奥に入り込んだ子供の耳垢が取れない時の対処法

子供の耳の奥に耳垢が入りこみ、取れない状態になってしまったら、無理に綿棒やピンセットで取ろうとするのは絶対にやめて下さい。

子供の耳の穴は、大人に比べるとかなり小さいですよね。

耳掃除を嫌がって子供が少しでも動いたり、手元が狂うと耳の中を傷つけて出血したり最悪、鼓膜を破ることにもなりかねません。

しかも、市販のピンセットでは大きすぎて子供の耳に入れるのはかなり危険です。

じゃあ、子供の耳の奥に入り込んで取れない耳垢はどのように対処したらよいか?

この場合は、耳鼻科を受診して取り除いてもらうの一番良い方法だと言えます。

耳鼻科には、細いピンセットや吸引など子供の耳垢でも簡単に取れる専門の器具が備わっています。

また、医師のほうが子供の耳垢も取り慣れているので安心して任せることができます。

耳の奥で耳垢がこびりついている場合は、ふやかしてから取り除いたり、耳穴に傷がある場合は薬も処方してもらえます。

また、子供が暴れても一緒に抑えてくれる看護師さんもいるし、専門医なら短時間でさっと処置を終わらせることができるので、自宅で無理に掃除するよりは安全です。

家でのケアは耳穴の出入り口まで出てきている耳垢を、綿棒やガーゼで軽くふき取るくらいに留めましょう。

子供は汗をかきやすく、また入浴やプールなどで耳穴が溜まりやすく、湿気を帯びて増えていくので定期的に耳鼻科で耳掃除してもらうことをおすすめします。

子供の耳垢が奥に溜まって、取れないからと逆に放置すると耳穴が耳垢で塞がってしまいます。

そうなると痛みや鼻水などの症状を伴う中耳炎になったり、耳が聞こえにくく感じたり、耳鳴りが起こる場合もあります。

完治するまでに時間がかかるので、できれば予防したものですよね。

奥のほうに耳垢が詰まっていないか、子供の耳穴もこまめにチェックしてあげましょう。

【スポンサードリンク】