子供がなんだかぐったりとしてる。。。と思って測ってみたら38度の熱!!なんてことありますよね。

これからお風呂に入ろうとしている場合ならともかく、もうお風呂に入ってしまっていたら心配も多いはずです。

子供に38度の熱があって、どうしても汗をたくさんかいているからお風呂に入れてあげたい。

熱が出ていると気付かず、お風呂にすでに入ってしまったけれど大丈夫なのか?

そのような、皆さんの子供さんが38度の熱を出してしまった時のお風呂の疑問に今回は迫っていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

子供に38度の熱!!これからお風呂に入っても大丈夫?

結論から申しますと、子供の熱が38度を超えてしまっている場合、例え元気な様子だとしてもお風呂は控えることをおすすめします。

また同様に38度台に達していなくても、ぐったりとしていたり食欲がない場合もお風呂は控えた方が良いでしょう。

悪寒がある場合には微熱でもこれから熱が上がり始める兆候です。

その際のお風呂は自然な熱の上昇と発汗による解熱を妨げてしまったり、体力を極端に消耗させてしまう恐れがあります。

同時に、何日間も高熱が続いている場合も子供の体力の消耗を助長させ、38度の高熱を更に上昇させてしまう可能性もあります。

そのため、基本的に38度の熱がある子供はお風呂に入るのは控えたほうが安全なのです。

しかし、38度の熱にうなされる子供は大量の汗をかいていますし、少しでもさっぱりさせてあげたいですよね。

どうしてもお風呂に入れてあげたいのなら、シャワー浴や足湯、ぬるめのお風呂に入れてあげるという方法もあります。

体が冷えない範囲で温かいタオルで体を拭いてあげるのも良いですね。

どちらにしても、髪の毛が濡れたらしっかりと乾かし、悪寒があれば布団をかけて温めてあげましょう。

【スポンサードリンク】

子供に38度も熱があったのにお風呂に入れちゃった!

子供に38度の熱があることに気がつかず、お風呂に入れてしまった場合はどうしたら良いでしょうか?

そんな時に注意したいのは、お風呂に入った後は冷えないように水分は髪から足先まできちんと乾かし、洋服を着せてあげることです。

まだ悪寒が始まっていない状態ならば、お風呂に入ったことで更に熱が38度台以上にまで達する可能性があります。

大切なのは、熱が高くなって汗が出てきやすいよう、前もってしっかりと水分を摂取させてあげることです。

そして、悪寒があるようならば布団でしっかりと体を保温してあげましょう。

熱が38度以上に上がりきると、その後は汗がたくさん出てきます。

その際には子供の洋服は汗で濡れてしまっていますから、こまめにチェックして洋服を交換することも重要です。

汗をかいて熱が徐々に下がり始めたら、その後もこまめに水分を摂取させてあげましょう。

体力を消耗しているでしょうから、消化に良い食べ物を食べられる分だけ食べさせてあげることも大切です。

最後に

子供に38度もの熱が出たら、とても焦ってしまいますし、お風呂はどうしてあげたら良いものかと悩んでしまいますよね。

38度の熱が分かった時点でお風呂に入っていなければ、子供には基本的にお風呂は入らないほうが良いとされています。

しかしお風呂以外にも体をさっぱりさせてあげる方法もありますから、子供の状態を見て選んであげるといいでしょう。

子供の38度の熱に気がつかずにお風呂に入れてしまったと嘆いていらっしゃる親御さん。

お風呂に入れてしまったと焦ってしまうこともあると思いますが、その後にきちんと対処してあげれば大丈夫です。

ご自身の子供さんが38度もの熱を出して大変な時ですが、焦らずに正しい対処をしてあげてください。

【スポンサードリンク】