子供がいびきをかいている…なんだか口呼吸で苦しそうだし、治し方はないのでしょうか?

子供の口呼吸は多く、これについてデメリットがいっぱいです。

今回は子供の口呼吸といびきの関係、治し方などについてご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

子供の口呼吸

どうして子供は口呼吸が多いのでしょうか?治し方はあるのでしょうか?

呼吸には鼻呼吸と口呼吸の2種類があるように思えますが、実は本来人間は鼻呼吸。生まれたての赤ちゃんがあれだけ長時間お乳を飲んでいられるのも鼻呼吸だからこそなのです。

子供は言葉を喋るようになると口から息を吸い、風邪をひいたりして鼻がつまるなどして鼻からの呼吸だけでは足りなくなり口呼吸になります。

口呼吸はいびきの原因になる言われています。

【スポンサードリンク】

子供のいびき

子どものいびきの原因はほとんどが、へんとう肥大によるものだそうです。

口を開けると、喉ちんこの横に大きく肥大した口蓋へんとうがみえます。

喉ちんこの後ろ上には、口からは見えませんが、アデノイドという別のへんとう(咽頭へんとう)があります。

アデノイドと口蓋へんとうがある程度以上の大きさになると鼻詰まりが生じます。

先ほどもご紹介したように鼻呼吸で足りなくなると口呼吸になります。

眠っているときには、無意識に詰まった鼻で呼吸しようとするために、口呼吸になったり、いびきとなったりします。

ひどい場合は呼吸がとまる(無呼吸)ようになります。

子供の口呼吸はもしかしたらへんとう肥大が原因かもしれません。これは治し方は手術になります。

子供の口呼吸の治し方

子供の口呼吸が原因でいびきをかくことに、へんとう肥大があるとこれは病院で相談するしかありません。

この治療は手術になります。

ですが、へんとう肥大が原因でない場合、口呼吸をなるべく減らしていくという治し方もあります。

子供に「お口が開いているよ。閉じなさい」とか「お口からバイ菌が入ってきて風邪ひいちゃうよ〜。閉じようね」などと口を閉じて鼻呼吸をすることを意識付けさせましょう。

また、口の筋肉が弱いために口が開いてしまうこともあるので筋トレも効果があります。

子供に風船を膨らませたり、顔の表情当てクイズをしたり、楽しみながら筋トレができるようにするのも良いと思います。

寝ているときは意識がありませんので鼻呼吸をサポートするテープなどを使ったり(子供用もあります)して対策をするのもいいですね。

口呼吸をしなくなるといびきが治る他にも、風邪を引きにくくなったり、歯並びがよくなったり、良いことも沢山あるのです。

まとめ

いかがでしたか?子供の口呼吸やいびきとその治し方についてご紹介しました。

へんとう肥大などの発見もあるかもしれませんし、お子様のいびきを発見したら、ご自分で判断せずにお医者様に相談するのが良いと思います。

病気でなかったら、口呼吸を改善出来るようにお子様と一緒になって取り組むのはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【スポンサードリンク】