急に子供が夜中に怒って寝言を言った!

叫んだり、怒りながらハッキリとした言葉を言う!

こんなことありませんか?

子供は大人より寝言が多いと言われています。

果たしてどうしてそうなんでしょうか?

今日は子供が寝言で怒っている時、原因は何なのか調べてみました。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

【スポンサードリンク】

寝言は2種類ある

子供に限らず大人も寝言を言います。

寝言とは浅い睡眠の時に言う寝言と深い睡眠の時に言う寝言と2種類あるそうです。

浅い睡眠の時は夢をみていたり、むにゃむにゃと寝ぼけたような感じで言うものが多く、意識はなくとも脳が起きているので夢の延長で言葉を発するようです。

深い睡眠の時に言う寝言はハッキリとしているものが多く、叫んだり、怒ったりするものもあるようです。

これは体が起きているのに脳は寝ているので口を動かすことが出来るからです。全身の筋肉も動かす事が出来るので、たまに無意識のうちに歩き回る事もあります。

一体これらの原因はなんなのでしょう?

【スポンサードリンク】

子供の寝言の原因

子供は脳の睡眠が上手くできないということが考えられます。

寝ていて、大きな声で怒って寝言を言ったり、叫んで起きるのは夜鷹症と言うそうです。

急に声を上げて飛び起き、息切れしていたり動悸が激しくなるのです。

起きたかと思えば何事もなかったかのように、そのまま寝てしまったりします。

悪夢を見ていたということもありますし、まったく悪い夢を見ていないという時もあります。

子供に聞くと、なんで寝言で怒っていたのか、叫ぶのか原因が分からないことも多く、夜鷹症とありますが、「夜鷹病」ではありません。

つまり、病気ではないのです。

小さい子供は睡眠の調整が上手くとれない事が大人よりずっと多いのです。

先ほどもあげたように病気ではありませんので、大きくなるにつれ、だんだんそのようなことはなくなります。

心配しないであげましょう。

親があまり心配してしまうと、子供は敏感なのでそれを感じとってしまうかもしれません。

子供の寝言はストレスが原因かも?

いきなり子供が寝ている時に怒って寝言を叫ぶなど、大人にはなかなかありませんし、かなり心配すると思います。

すると、それが子供なりのストレスになってしまいます。

子供がストレスに感じると夢に出てきて、寝言を言ってしまうかもしれません。

だから、親はあまり心配しないで見守ってあげるということも大切です。

また何か他にストレスがかかっていて、それが原因で寝言で叫んだりすることもあります。

日頃から子供とコミュニケーションをしっかりとって、子供の不安なことや心配ごとなどを取り払ってあげたり、和らげてあげるのもいいですね。

子供のストレス発散には運動も良いと言われています。

根本的なストレスを解決してあげられないときなどは有効かもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

子供が寝言で怒って叫んでいるのを見たことがある親御さん、原因はわかりましたでしょうか?

寝言が多いのは子供も大人も、もしかしたら睡眠障害や他の病気の可能性もあるかもしれません。

あまり改善されない場合は専門の病院に相談して見てくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】