子どもが口内炎になってしまって、何を食べ物としてあげたらいいか迷っているというお母様はたくさんいると思われます。

子どもが普段食べるものをあげたら、口にしみると言われたことはありませんか。

今日は口に口内炎ができてしまった子どものために口にしみない食べ物を追求しました。

また子どもの口内炎にしみないような工夫も紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

子どもの口内炎の原因

子どもの口内炎は大人同様、口に傷ができてしまったり、ストレス、免疫低下などが原因で口内炎ができます。

ただ子どもには口内炎という言葉自体を知らないので、不機嫌になったり、食べ物を食べてくれなかったりといった行動で大人たちが子どもの口の中に口内炎ができたことを判断しないといけません。

子どもの口内炎には大人のものと同様、アフタ性口内炎、ウイスル性口内炎、カタル性口内炎、カンジタ症口内炎といった種類があります。

症状が軽いものでしたら、小児歯科に行って治療することもできますが、発熱を伴うウイスル性のものは小児科に行って治療しなければならなく、単に口内炎と言っても侮るわけにはいきません。

普段の子どもの状態を良く知っておくのも大切なことです。

【スポンサードリンク】

口内炎ができてしまった子どもに与えるしみない食べ物

では実際子どもが口内炎になってしまった場合、どんな食べ物をあげたらいいでしょうか。

口内炎の時に普段の食事をするとしみるので、できるだけしみないような食べ物を与える必要があります。

酸味がなく、味の薄い、柔らかい食べ物なら子どもにもしみないで食べることができます。

例えば、うどん、そうめん、スパゲッティ、おかゆ、卵、納豆、ヨーグルト、スープ、バナナ、プリン、ゼリー、アイス、牛乳、麦茶、緑茶などはしみない食べ物です。

またスープ類やおかゆなどは熱くせず、人肌の温度で出してあげることも大切です。

反対に口内炎にしみる食べ物はレモン、梅干し、ケチャップ、酢が入ったものなどです。

口内炎ができる理由として、ビタミンが不足するということがあるので、ビタミンを補うような食事も考慮に入れることもお薦めします。

ビタミンB2を多く含んだレバー、うなぎ、乳製品、アーモンド、のり、魚肉ソーセージなどを含む献立は子どもの口内炎に理想的な食べ物と言えます。

ビタミンB6を多く含む、カツオ、マグロ、サケ、鶏のささ身、ジャガイモ、キャベツなども子どもの口内炎に効果的です。

これらの食品を子どもが好むようにアレンジしてあげることをお薦めします。

ビタミンB2やビタミンB6を含むサプリメントなどを利用するものいいことです。

子どもに普段からこのような食事をさせることで、細菌に負けない強い体を作らせることができます。

最後に

いかがでしたか。

子どもが口内炎になったらビタミンの多いものを与え、しみない食事を作ってあげることが大切なようです。

どれも簡単にいつもの献立に入れることができる食べ物なので是非お試しください。

【スポンサードリンク】