さて突然ですが、皆さんは金魚やメダカなどを飼われたことはありますか?

お祭りの屋台などがキッカケで、過去に飼ったことがあるという方もいらっしゃると思います。

金魚やメダカを大切に育てるためには、やはり水道水をしっかりと「カルキ抜き」する必要がありますよね。

このカルキ抜きと言えば、やかんで沸騰させたり、ペットボトルに入れて冷蔵庫で寝かせたり、バケツに水道水を貯めて放置しておいたりと色々な方法がありますね。

いったいどのようにすれば効率的にカルキが抜けるのか?”が、素人には分かりませんよね。

今回は、その気になるカルキ抜きの方法や時間などについて、詳しく調べてみる事にしました。

よかったら参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

水道水のカルキ抜きについて

さて、カルキ抜きの方法についてお伝えする前に、「そもそもカルキって何?」という方も多いかと思います。

ズバリ言いますと、カルキとは「塩素」のことです。これだと馴染みがありますよね。

ちなみに、この塩素には殺菌作用があり、そのおかげで私たちは安全に水を飲むことが出来ています。

ただし、安全性と味は別問題。水道水はそのままだと少し飲みにくいですよね。

金魚やメダカのような水槽で生きる生物たちにとっては、この塩素というものは大敵です。

なので、元気に長生きしてもらうためにも、しっかりと水道水をカルキ抜きをしてあげる必要があります。

【スポンサードリンク】

水道水のカルキ抜きの方法について

ということで、早速「カルキ抜き」の方法を見ていきましょう。今回見つけた方法は全部で2つです。具体的には、「放置する」、「沸騰させる」の2つです。

どれも簡単そうですですし、これでカルキ抜きが出来るなら万々歳です。という事で今から、一つずつ詳しくご紹介して行きたいと思います。

水道水をペットボトルやバケツに入れて放置します。

この方法は比較的簡単に塩素を取り除くことが出来るようなのですが、その方法は屋内か屋外かによって少います。
 
それと、この方法で最も大切なのが、水道水を日光をしっかり当てることのようですね。ですので、全体に直射日光が当たりやすいペットボトルがオススメという訳なんです。(ミネラルウォーターなどのペットボトルは、稀にUVカットのペットボトルがあるので、それ以外を使いましょう。)

あとは、もちろんバケツなどでも良いみたいですが、日光の当たらない部分が多いため時間を少し長めにとった方が良いです。(このバケツの場合は、人間の飲水には使えないと思うので、あくまでも魚用ですね。)

金魚を飼う時の水道水について

水道水はカルキ臭い、なんて言われますね。

また、金魚などを飼育する場合、水道水をそのまま使ってはいけない、必ずカルキ抜きしろ、と。

縁日の金魚すくいで取ってきた金魚が長生きでないのも、知らずに水道水をそのまま使っているからです。

また、肌の弱い方などは、水道水をそのまま使うと肌荒れしたりします。

日本の水には、『塩素』という消毒成分が含まれています。塩素とカルキは同じものではないのですが、この水道水に含まれる塩素をざっくりカルキと呼んでいます。

その塩素を抜くことをカルキ抜きと呼んでいますね。

水道水の塩素は、人間には無害ですが金魚たちにとっては猛毒。水道水を使って飼育するには、カルキ抜きを行うことは絶対条件ですね。

みなさんの生活が少しでもストレスフリーになれば幸いです。

【スポンサードリンク】