身体検査を受けて血小板が少ないという結果が出たあなた!

食事で血小板を増やす方法があるのをご存知でしたか?

血液凝固作用を持っている血小板が少ないと、体にとって様々な弊害が出てきます。

あまりにも血小板が少ないと血小板を輸血するのですが、軽い場合は食事を改善することで対策できるこことができます。

今回は、血小板が少ないので食事で対策をしたいとお考えの方にとって必見の内容です。

【スポンサードリンク】

血小板が少ないと良くないこんなこと!

先ほどもお伝えしたように、血液凝固作用のある血小板。

つまり簡単にお伝えすると、出血した時に血管から血が少しでも漏れ出さないように血液を固まらせる作用を持っています。

原因は様々で、原因不明の軽症のものから重篤なデング熱や白血病でも血小板が少ない状態となります。

日常生活では貧血に加え、少し体がどこかにぶつかっただけで内出血を起こしてしまうこともあります。

そのため、貧血になってめまいで倒れたりでもしたら大変です。

白血病やデング熱といった重篤な病気の診断がついた場合は命の危険もあるので、

化学療法や輸血での治療と対策が必要です。

そして、軽症な場合は食事で少しでも対処していくことが大切です。

次の項では、血小板が少ない時にできる具体的な食事での対処方法をご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

血小板の数が少ない時にできる食事での対処とは?

血小板が少ない人が血小板の数を増やしていく時、なるべく甘いものは避けたほうが良いでしょう。

そして、なるべく多くミネラルやビタミンを多く含んだものを多く摂取することが大切です。

その為には野菜を多く摂取することがオススメですが、市販の野菜ジュースは多くの果糖が含まれています。

もしも野菜ジュースで対処したいのならば、自宅でフルーツ少なめの野菜ジュースを作ることをオススメします。

ミネラルは加熱することで崩れやすく、食事する際の加工の仕方によってはその栄養素が少なくなってしまうことがあります。

ですので特に良い摂取方法は、「蒸す」ことと「生」で食べること、そして丸ごとスープにすることなどです。

◎ほうれん草、赤ピーマン、グアバ

→鉄分とミネラルを多く含んでいるので、血小板が少ない時に摂取することで対処方法となります。

◎セロリ、人参、にんにく、ビート

→ミネラルを多く含んでおり、血小板が少ない時にスープにしやすい材料が揃っています。

◎アセロラ、レモン、キウイフルーツ、グレープフルーツ、オレンジ

→キウイフルーツ以降はやや糖質が高めなので、摂取しすぎに注意してください。

ジュースを作る際の甘みの調節程度に使うと、栄養素を効率良く摂取することが可能です。

食事で血小板が少なくなった際の対処といっても、やみくもに多く摂取すれば良いというわけではありません。

血小板が少なくなった時に食事で対処をしたい時こそ、効率良く必要な栄養素を摂取することが大切なのです。

最後に

血小板が少ない状態であると、生活の中でも気をつけなければならないことも多いだけでなく、

重篤な状態となると命の危険にも及びます。

そのため、まず大切なことは血小板がなぜ少ないのか原因をきちんとつきとめることです。

原因をつきとめることで化学療法であったり、輸血であったり、食事で対処できるものなのかを知るためです。

そして、食事で対処できるレベルであれば是非今回ご紹介した方法を試してみてください。

【スポンサードリンク】