皆さんは毛虫に刺されたことはありますか?

草花のある所やアウトドアを楽しんでいるときなどに、うっかり毛虫に刺されたことがある人もいるかと思います。

毛虫には毒があると思う人も多いと思いますが、すべての毛虫に毒があるわけではありません。

しかし、毒がある種類の毛虫に刺されると厄介です。

どんな種類の毛虫に毒があるのか、調べてみました。

【スポンサードリンク】

毛虫に刺されるとどうなるの?

よく「毛虫に刺された」という表現をしますが、実際は毛虫のほうから刺してくることはありません。

毛虫に触れると、アレルギー反応を起こします。

刺されるというより、毛に触れてしまうことを刺されたというのですね。

毛虫の毛に触れてしまった場合ですが、まず、かゆみやかぶれが出ます。

かゆみはひどい場合眠れないほどひどくなります。

かくことでさらに範囲が広くなるという悪循環です。

うっかり毛虫に触れてしまったら、患部から毛を取り除くことと、洗い流すことで症状は軽減できます。

【スポンサードリンク】

こんな毛虫には毒があります!

では、どんな毛虫に毒があるのか見ていきましょう。

全身が毛でおおわれている毛虫は、ほとんどが蛾の幼虫です。

見た目がグロテスクなので、ものすごい毒を持っているように感じますが、実はすべての毛虫に毒があるわけではありません。

まずは、最近大量発生して問題視されているのが「チャドクガ」の幼虫です。

色は白く、主にツバキ科の植物に多く見られます。

刺されたときは特に痛みなどはありませんが、時間がたってからヒリヒリすると同時に激しいかゆみに襲われます。

毛虫に刺されてかゆいのは、毛虫の毒針毛が体内に入るためなのですが、この毒針毛をとらないとかゆみは消えません。

ガムテープなどで患部から毒針毛を抜くことが大事です。

患部を掻くと毒針毛が折れて広がってしまうのでとにかく掻かずに毛を抜くようにします。

その後水でよく洗い、症状がひどいなら皮膚科へ行きましょう。

ほかにも毒のある毛虫をご紹介します。

「ドクガ」の幼虫も毒を持った毛虫です。

白い体に黒い線が入っています。

夏ごろから増え始め、ドクガは落ち葉の下で冬を越すので見えていないところに潜んでいる可能性が高く注意が必要です。

毒性も強く、刺されると赤く腫れあがります。

痛みはピリピリしたもので、かゆみはかなりひどいです。

こちらも毒針毛を取り除き、水で洗いましょう。

「イラガ」という毛虫は、刺されると毒液を発射します。

体は全体的に黄色です。

毒性はどこまで強くないのですが、刺された瞬間に猛烈な痛みが走るのが特徴です。

かゆみなどはそこまでひどくはなりませんが、刺された瞬間は痛みがひどいので注意が必要ですね。

こちらもやはり患部から毒針毛を取り除くことが大事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

毒がある毛虫の種類を紹介しました。

ほとんどの毛虫は毒を持っていないことがわかりましたが、毒を持つ毛虫に刺されるとかゆみなどが出ます。

庭などによくいる毛虫ですので、ガーデニングなどの際には十分注意してください。

毛虫に刺されたら患部を掻かず、毛を抜き取ることを一番にしてください。

皮膚のはれやかゆみがひどい場合は病院へ行きましょう。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】