「目の痙攣が治らない!」

会議中、気になって話が耳に入ってこない…

パソコンに向かって仕事をしていても、集中できない…

手で押さえても全然治らない…

そんな経験ありませんか?

一体、原因はなんなのでしょうか?

そしてその対処法はあるのでしょうか?

目の痙攣が発生する原因は様々です。

少し休ませれば治ってしまうなんでもないものから、実は大きな病気のサインとして現れるものまであるんです。

「目の痙攣が治らない!」
「原因がわからなくて不安…」

という方のために調べてまとめました。参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】

目の痙攣が起こる原因1:眼精疲労

目の痙攣が起こる原因として特に多いのは、目の疲れによるものです。

主にテレビやPC画面を見過ぎていたり、睡眠不足の場合によく起こります。

細かいものをずっと見続ける部品の検査などのお仕事をされている方や、長時間テレビやパソコンの画面を見続けなければならないお仕事の方、家に引きこもって1日中ゲームをやっている方は、当然目が疲れます。

すると、目の周りの筋肉が固まってくることにより、目の周辺の血流が悪くなります。

そしてその悪くなった血流を良くしようと、無理に筋肉を動かす時に、痙攣が発生します。

つまり、たいていの場合は血流が目の痙攣が治らない原因になっているということ。

ストレスを感じると血流が悪くなるので、その場合も痙攣が治らないことがあるでしょう。

【スポンサードリンク】

目の痙攣が起こる原因2:大きな病気

一時的なものではなく、目の痙攣が長期的に続いている場合は注意が必要です。

なぜかと言うと、その原因が大きな病気のサインである可能性が高いからです。

眼瞼痙攣・・・目の周りの筋肉が痙攣して目が開かなくなることもあります。脳のシステムが機能障害を起こすことで発生します。初期はまぶたの不快やいつもよりまぶしく感じるなどの症状ですが、進行するとまぶたが頻繁に痙攣し、目を開けていることも難しくなり、生活に支障をきたします。

片側顔面痙攣・・・顔の片側が痙攣し続けてしまいます。顔面神経が脳幹のところで血管に圧迫されるために起こります。初期は左右どちらかの上まぶたか下まぶたの痙攣が始まり、進行すると目だけではなくその周囲の筋肉も痙攣し始めます。症状が重くなると痙攣がずっと続き、眠っている間も治らないことがあります。

では原因が分からず目の痙攣がなかなか治らない場合はどうすればよいでしょうか?

なかなか治らない目の痙攣を解消する方法

目の疲れやストレス、睡眠不足により目の痙攣がなかなか治らない場合は、なるべく目を休めることが第一です。

お仕事の都合上、なかなか目を休めるタイミングがない方は、まばたきの回数を多くしたり、遠くを見たり目を動かして緊張を和らげたりするとよいでしょう。

ただもし、目を休めたりエクササイズをしても目の痙攣が全く治らない…原因がわからない…という方は、目の疲れやストレスや睡眠不足ではなく、上にあげた大きな病気が隠れている可能性もあります。

心配な方はすぐに眼科に行って、お医者さんに相談することが第一です。

まとめ

目の痙攣が治らないのは、主に疲労やストレスが原因です。

しかし、まれに大きな病気が原因で長期間治らないこともあります。

目は脳の近くにあります。上にも書いた通り、脳の異常が考えられるケースもあるので、もし休んでも痙攣が治らない、それどころかより重くなっていくと感じた方は専門医に診てもらいましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】