一人暮らしをしているときに風邪をひいてしまうと、食べ物に困りませんか?

料理してくれる人がいたらいいけれど、一人暮らしだとそれもかないませんね。

しかし、風邪をひいた時こそきちんと食べないと回復も遅くなります。

では、どんな食べ物を食べたらいいでしょうか。

一人暮らしでも簡単に手に入る、風邪をひいたときに食べたい食べ物を紹介します。

【スポンサードリンク】

昔から言われている風邪に効く食べ物

子供のころに風邪をひいたとき、よくおかゆやうどんなどを食べませんでしたか?

風邪をひくと、エネルギーを消耗するので、炭水化物で補う必要があるのです。

炭水化物をとるなら、お米やうどんは最適です。

おかゆや雑炊、うどんなら料理が得意ではなくても作れるのではないでしょうか?

お米は好みの柔らかさまで炊いて、溶き卵と刻んだネギを入れます。

卵とネギも、風邪に良いとされている食べ物なのでぜひ入れてください。

うどんも好みの柔らかさまで茹でます。

のどが痛いときなどは柔らかくするといいですね。

とにかく食べられるものを無理なく食べるのが一番なので、シンプルでもいいので炭水化物をとりましょう。

【スポンサードリンク】

食欲がないときは飲み物や果物を食べよう

お米やうどんも食べたくない・・・そんなときは果物はいかがでしょうか?

ミカンやレモンはビタミンCを含み、抵抗力を高めます。

風邪の時に進んで食べたい果物です。

レモンをそのままとるのは難しいので、ハチミツにつけてハチミツレモンにするといいですね。

ハチミツレモンは喉にもいいので、咳やのどの痛みの風邪にはもってこいです。

それすら食べたくないときは、飲み物で工夫しましょう。

大根おろしとハチミツをお湯で割って飲むと、喉にいいですし体も温まります。

しょうがをすりおろしてお湯で割ってもいいですね。

しょうがは体を温めるのに効果的なので、汗をかいて風邪を治すのに向いています。

何か冷たいものがいいときは、ミネラルなどがとれるスポーツ飲料がいいですね。

イオン水などもおすすめです。

つらいときはコンビニに行こう

とにかくつらい風邪ののときは、台所に立つのも嫌ですよね。

もし家の近くにコンビニがあって、そこまで行けるようでしたらコンビニに頼りましょう。

コンビニで買える食べ物の中でおすすめなのが、鍋焼うどんです。

体が温まるのもそうですが、具が豊富に入っているので様々な栄養がとれます。

家で温めるだけでいいので、コンビニの中で特におすすめです。

まだ固形は食べたくないというときは、飲むゼリーがいいですね。

味もいろいろあるので、自分が飲みたい味で選んで栄養をゼリーからとりましょう。

ヨーグルトは免疫力を高めてくれますので、好みのヨーグルトがあればそれもいいでしょう。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌はウイルスの繁殖を抑える効果もありますよ。

冬はコンビニのおでんもおすすめです。

大根やはんぺん、卵など、食べやすいものを買うといいでしょう。

自分が無理なく食べられるものを見つけて食べるようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?

一人暮らしで風邪をひいたときにおすすめの食べ物を紹介しました。

自分で料理をする元気がないときは、コンビニで買える食べ物がおすすめです。

おかゆなど、一人暮らしでも作れそうなものも試してみてください。

風邪を早く治すには食事と休養が大事なので、食べやすいものをなるべく食べて、早く治しましょう。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】