風邪を引いてしまうと色々な症状に襲われてしまうと辛いですよね。

風邪をひいて鼻水が止まらないと辛いですよね。さらに、鼻が詰まっていると口呼吸になってしまい、喉を刺激してしまいます。

特に鼻水が止まらないのは常にティッシュを持って移動しないといけないので大変です。

鼻をいくら噛んでもいったいどこから出てくるんだというくらいに湧き出て来る鼻水ですね。

しかし、鼻水の種類も違ってきます。

そんな鼻水はなぜ大量に出てしまうのか簡単に止める方法はあるのか鼻水の仕組みや種類について調べてみました。

また、そんな止まらない鼻水を簡単に止める方法はあるのか鼻水の仕組みや種類について調べてみました。

ぜひ参考にしてくださいね。

【スポンサードリンク】

風邪をひくと鼻水がでる

風邪を引いて熱が出て悪寒がしてしまうのは、風邪を引いてしまったって思ってしまう瞬間ですよね。

いくら普段から注意していても風邪は引いてしまいますからね。

そしてそれと同時に襲ってくるのが止まらない鼻水です。

それから、つらい鼻水に襲われ続けます。

寒い時の朝など温かい布団の中から出た瞬間や、寒い外から暖房の効いた部屋に入った瞬間そして暖かい部屋から逆に寒い外に出た瞬間などに出て来る鼻水は血管運動性鼻炎です。

原因は温度差に鼻の粘膜の自律神経が刺激されて出てくるのですが、これは
その温度差に体が慣れてくれば自然に止まります。

【スポンサードリンク】

鼻水が止まらない原因について

鼻水の種類はわかったけど、そんなことより一体なぜ鼻水が出てくるのかと必要なのかと思いませんか?

鼻水は涙腺、鼻腔、副鼻腔の3つから分泌された物が混じって出て来るのでその量はとても膨大な量です。

これはあんまり知られていないのですが、健康な状態の時の1日の鼻水の量は約1リットルです。

そして鼻水がなぜ人間の体にとって必要なのかというと、鼻水は鼻で呼吸した時に加湿をしてくれるのと風邪のウイルスや花粉症を取り除いて排出してくれる役目があるのです。

風邪を引いた時に大量の鼻水が出るのはウイルスを排出するために頑張ってくれて
いる証拠なのです。

鼻水が止まる対策

鼻を噛み過ぎると鼻がひりひりして痛くなりますよね、あれは白血球の中にある成分が皮膚を溶かしてしまっているから痛くなるのです。

鼻水は無理やり止めるとかえってウイルスを排出する事が出来なくなるので、風邪が長引いてしまうのですが仕事中や授業中など引っ切り無しに出て来て集中出来なくて辛いので一時的に止める事は出きます。

つぼを押して鼻水を止める方法があります。ツボを押すだけの手軽な方法ですので簡単に実践することができます。

身体を温めると免疫力が向上すると言われています。身体を温めて辛い鼻水を早く止めてしまいましょう。

生姜には体を温める効果やデトックス作用があります。生姜を使って鼻水を止める方法をご紹介します。

冷えや乾燥は風邪をひく大きな要因ですし、寒暖差アレルギーの場合も温度差がくしゃみの要因になります。部屋の温度管理や加湿などにも十分注意してください。

部屋の湿度は50%程度、温度は20度~25度ぐらいに保つのが最適と言われています。

ムートンやファー素材のカーペットや衣類は、暖かくて心地よい素材ですが、くしゃみが起こりやすい素材でもあります。

アレルギー体質の人は避けたほうが良いでしょう。

ハウスダストが原因でくしゃみが起こる場合は、こまめに掃除し、ホコリを取り除くこと。

花粉症などの場合は、外から持ち込んだ花粉を部屋の中に入れないようにするのがポイントです。

みなさんの生活が少しでもストレスフリーになれば幸いです。

【スポンサードリンク】