家庭菜園ってちょっと憧れますよね。

家でおいしい野菜を作ることができるのが家庭菜園のいいところです。

しかし初心者にとって家庭菜園はちょっとした難関。

失敗して野菜を枯らしてしまったという話も少なくありません。

今回は初心者でもできるプランターを使った室内での家庭菜園のやり方をお伝えします。

ホームセンターですぐ手に入るプランターを使って室内でできれば家庭菜園の難易度をグッと下げられます。

ぜひ参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

初心者でもできるプランターを使った室内での家庭菜園

家庭菜園といえばそれなりの庭がないとできないイメージがありますが、実際はそうではありません。

プランター一つさえあれば、野菜を育てられますし、キッチンなど室内で栽培することも可能です。

やり方は初心者でもできる簡単なもの。

プランターに土を入れ、育てたい野菜の種を植えるだけ。

定期的な水やりなど、育て方をきちんとすれば初心者でもちゃんと野菜を育てることができます。

プランターがなければバケツやビンなどで代用してもいいでしょう。

入れ物がおしゃれなら家庭菜園だけでなく、室内を彩るインテリアにもできます。

注意点はちゃんと野菜とあった土を選ぶこと。

野菜にはそれぞれ適した土がありますので、園芸店の店員にアドバイスをもらうといいでしょう。

【スポンサードリンク】

室内での家庭菜園におすすめの野菜

プランターを使った家庭菜園は室内でも気軽にできます。

しかし場所が限られるため、育てる野菜はちゃんと選ぶ必要があります。

ここではおすすめの野菜をご紹介します。

①リーフレタス

リーフレタスはレタスの一種。

念に2回種まきができる上に苗から育ててれば、30日で収穫できます。

普通のレタスより育てやすく、また浅植えにも向いているため、底が浅いプランターでも育てられます。

また、リーフレタスを含めた若い葉を食べる野菜の総称をベビーリーフといいますが、この種類はどれも育てやすいことで有名です。

中には10日~30日で栽培できるものもあり、その育てやすさもふくめて初心者にピッタリの野菜と言えるでしょう。

②ラディッシュ

サラダの彩りに欠かせないラディッシュも室内でプランターを使って育てられます。

ラディッシュは成長しても丈が15cmくらいにしかならないので、室内で育てても場所を取りません。

種まきから収穫までの期間も短いのもうれしいところ。

またラディッシュならプランターを使わなくても、ペットボトル、牛乳パックに土を入れて作ることもできます。

手軽に作れるため初心者にうってつけの野菜です。

③豆苗

おそらくコスパが一番いいのはこの豆苗でしょう。

収穫までの期間が短いのはもちろん、スーパーで売っているものの根っこの部分から育てられる手軽さもウリです。

何よりうれしいのは土が必要ないところ。

トレイに水を張っただけの場所でも豆苗は育てられます。

プランターで育てたいけど土で室内が汚れるのはちょっと…という人におすすめです。

家庭菜園というには少しこじんまりとしていますが、豆苗は調理もしやすい野菜なのできっと重宝しますよ。

最後に

家庭菜園は難しいイメージがありますが、実はプランターを使えば室内でもできる手軽なものです。

野菜のチョイスと育て方をしっかりすれば初心者でも失敗する事は少ないでしょう。

庭やベランダがなくて家庭菜園をあきらめていた人にとってプランターを使って室内で育てる方法はおすすめです。

初心者でもおいしい野菜が作れますよ。

ぜひ試してみてください。

【スポンサードリンク】