加湿器は空気の乾燥を防いでくれるとても重宝なアイテムですが、お掃除が面倒くさいということもあります。

肌に関係のあるものだし、お掃除には強い市販の洗浄剤を使うよりもクエン酸や重曹などの安全なものを使用したいものです。

今日は加湿器をクエン酸と重曹でお掃除する方法をご紹介します。

どれも簡単な方法なので是非参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

加湿器は便利

加湿器は冬の間乾燥した空気から肌やのどを守ってくれるとても重宝なものです。

ただ加湿器にたまった汚れをそのままにして稼働させていると、噴霧される蒸気に汚れの成分が含まれてしまったりして人体に悪影響を及ぼすこともあります。

汚れを取らずそのまま稼働させている場合は掃除をすることをお薦めいたします。

またシーズンの終わりに加湿器をしまうときはぜひちゃんとした掃除をしたいものです。

【スポンサードリンク】

加湿器の汚れとは

加湿器は使用しているうちに、白い汚れがたまったり、カビだらけになってしまうこともあります。

加湿器のこの白い汚れは水に含まれるミネラルで、加湿器を掃除するときに大変厄介です。

お掃除はクエン酸と重曹で

これらの白い汚れや水垢を掃除していくとき、できるだけ人体に安全なものを使いたいものです。

市販にも加湿器洗浄剤はありますが、できるだけ優しいものを使いたいという方のために、クエン酸と重曹を使用した方法をご紹介します。

クエン酸や重曹は料理にも使われるので掃除の後に成分の一部が噴霧されても人体に影響がありませんので、安心して使うことができます。

まず、加湿器のタンクに水を入れ2.5gのクエン酸を加えます。

普通に加湿器を使用するようにセッティングして、標準モードで一時間ほど過熱をします。

お湯が冷めてから排水し布で表面の水分をふき取ります。

この時に噴霧される蒸気は人体に害がないので安心して掃除をすることができます。

この方法はメーカーの取り扱い仕様書などでも記載のあるお掃除方法です。

フィルターの掃除にもクエン酸の水溶液を使用します。

バケツに適量のクエン酸を溶かしてフィルターを半日ほど付け置きにします。

また頑固な汚れには重曹を使用することができます。

重曹は水に溶けにくい性質を持っているので、ちょうど研磨剤を使用するときの要領で軽くこすって汚れを取ってください。

また重曹は白カビと同じアルカリ性なので、使用した後はしっかりすすぐようにしてください。

汚れがどうしても取れない場合は上記の方法を何度か繰り返してみてください。

加湿器はできるだけこまめに掃除をすると加湿器のパフォーマンスがよくなり、節電にもつながりますので、上記の方法で一週間に一度加湿器を掃除することをお薦めいたします。

最後に

いかがでしたか。

今日はクエン酸と重曹を使用した掃除の方法をご紹介しました。

市販の加湿器洗浄剤はお金もかかるし、肌に安全かどうかを心配されるかとも多いかと思いますが、

クエン酸も重曹も安心して使えるものなので是非お試しください。

【スポンサードリンク】