最近の冷凍食品は、栄養バランスやカロリー健康を考えて作られていることを知っていますか?

時間のかかりそうなハンバーグでも簡単に用意ができます。

ちょっとした工夫で、栄養満点の華やかなお弁当に大変身します。

ハンバーグのカロリーが気になるところですよね??

冷凍食品を使ったお弁当でも、もう手抜きなんて言わせません!

今回は、おすすめの冷凍食品だけでなく、カロリーについても紹介します。

【スポンサードリンク】

冷凍食品の選び方

時短には自然解凍できるもので更に時短できる冷凍食品が、自然解凍できるものがあります。

凍ったままのおかずをお弁当にポンと入れるだけで、お昼頃には自然解凍されてちょうど良い食べ頃になっています。

朝の時間に余裕ができれば、家族と会話を楽しむことや、ゆったりとした気持ちで子どもと接することができますね。

冷凍食品を活用してお弁当作りの時間を短縮することで、ママやパパの心に少し余裕がうまれてくれると良いです。

自分で作るお弁当と、冷凍食品を使ったお弁当を比べると、自分で作ったお弁当の方が節約になるとは限りません。

スーパーでは、冷凍食品が半額になる曜日や、割引セールなど特売になっていることも多いです。

冷凍食品は、定価よりも安くなっている時に買い置きしておくと家計も助かりますね。いつも行くスーパーの冷凍食品が、お得に買える日をこまめにチェックしておきましょう。

手のこんだおしゃれなメニューが増えたのも特徴的です。

定番の唐揚げやコロッケは味のバリエーションも豊富になり、野菜をたくさん使ったお惣菜メニューも増えました。

それと同時に栄養価もアップしました。

野菜や素材をふんだんに使うことで、しっかり栄養バランスの取れたおかずを再現しています。子どもに食べさせることを考えると、とても重要なポイントですね。

【スポンサードリンク】

冷凍食品のカロリー

市販の冷凍食品はカロリーが気になります。

しかし、から揚げやコロッケなどの揚げ物は、手づくりであっても同じことが心配ですね。

冷凍食品の中には、ヘルシーさをウリにした商品も数多くあります。

同じ揚げ物でも、魚を使ったフライや豆腐を使ったつくね、また減塩タイプや野菜を数種類も摂りいれたヘルシーサラダの冷凍食品もありますよ。

自分でできるカロリー調整は、電子レンジで加熱する時に、おかずの下にキッチンペーパーなどを敷く方法です。

その状態で温めると余分な油を吸ってくれるので、無駄なカロリーを削減できます。

またカロリーは、お弁当を詰める際の量や割合によっても大きく変わります。

メインのおかず以外は、野菜を使ったおかずにしたりご飯を減らしたりするなど、上手に工夫すると全体のカロリーを減らすことができます。

塩分が気になる場合は、減塩タイプの商品を選んだり、揚げ物のソースを控えたりするなどの工夫で塩分を減らすことが可能です。

冷凍食品のハンバーグのカロリーは高い?

冷凍食品の中で、最も売れているハンバーグです。

平均的な冷凍食品のハンバーグのカロリーは120g(1個)で268キロカロリー,100gで223kcalですね。

1個でも十分ボリュームがあり、冷めても柔らかくおいしいことが人気の理由です。

また、添加物不使用なのもうれしいポイントですね。

電子レンジでも解凍できますが、おすすめはフライパンで再度加熱することです。

フライパンで焼くことで、さらにこんがり香ばしく、手作りハンバーグのように仕上がります。

お肉だけのハンバーグなので、野菜を添えるように心がけましょう。

ブロッコリーやプチトマトなど、彩りのきれいな野菜を入れると見栄えも良くなります。

みなさんの生活が少しでもストレスフリーになれば幸いです。

【スポンサードリンク】