砂糖と一口に言っても種類は様々。

上白糖と、白砂糖、三温糖にグラニュー糖…スーパーに行くと大きな一つの売り場になっているほどです。

しかし、それぞれ何が違うのかすぐに答えることはできますか。

主な砂糖の種類、それぞれの違いについてカロリーについてみていきましょう。

上白糖と三温糖のカロリーついてご紹介します。

よかったら参考にしてみてくださいね。

今回は をご紹介いたします。

【スポンサードリンク】

上白糖について

上白糖についてですが、日本人好みのしっとりとしたソフトな感じと風味をもち、一般的に白砂糖といわれています。

調味用、菓子用、飲物用など、何にでも合う万能選手。日本で使われる砂糖 の約半分は上白糖です。

上白糖の特長は、「日本人の甘さの基準である。」これに尽きると思います。

「他の種類の砂糖」、「ハチミツ」、「デンプンから作った糖」など、どんな甘いものを評価するにしても「上白糖(普通の砂糖)と比べて・・・」となります。

上白糖の味のは、グラニュー糖と比べてやや濃厚になっていることです。

これは、上白糖が「ショ糖」+「転化糖」の甘みになっているのに対して、グラニュー糖は「ショ糖」のみの甘みです。

さらに、こちらもお店でよく見かける三温糖は、「ショ糖」+「転化糖」+「カラメル」の甘みになっています。

上白糖、グラニュー糖、三温糖という3種類の砂糖の濃厚さは、三温糖>上白糖>グラニュー糖でグラニュー糖が一番あっさりしています。

砂糖の代名詞のようになっている万能型の上白糖ですが、コーヒーや紅茶など素材の風味を楽しむ場合は、ただ甘いだけでクセのないグラニュー糖のほうが適しています。さらに、煮物や佃煮などは、濃厚な味のする三温糖のほうが適しています。

【スポンサードリンク】

三温糖について

三温糖についてですが中白糖よりもさらに純度が低く、無機質などを多く含んでいます。

中白糖よりも色が 濃く黄褐色で甘さも強く、独特の風味がありますので、煮物や佃煮などに使われています。

三温糖の特長として、一番最初に目に付くのが「茶色」でしょう。

普通の白い砂糖と比べて何か良い成分が入っていそうな色をしていますね。

ちょうど、白い卵よりも、茶色の卵のほうが栄養価が高く見えるのと同じです。

三温糖の茶色の原因は、三温糖が上白糖やグラニュー糖を作った後の糖液から作った物なので、砂糖を作る段階で数回の加熱によってカラメルが出来て色が薄茶色になります。

そして、普通の三温糖は、自然にできたカラメルだけの色だと色むらが出来て見栄えが悪いので、カラメルを添加して色の調整をしています。

さらに、上白糖や三温糖は転化糖を混ぜているので、しっとりとした砂糖に仕上がっています。

栄養的にも上白糖やグラニュー糖を作った後の残り汁で三温糖を作るので、残ったミネラル分が少しある程度です。

黒砂糖(黒糖)のようにミネラル分が豊富にあるわけではありません。

黒砂糖と三温糖の違いは、黒砂糖は原料のサトウキビの汁を煮詰めて作った含蜜糖ですが、三温糖は原料を精製して結晶と蜜を分けた分蜜糖で、上白糖やグラニュー糖の仲間です。

さらに、三温糖は上白糖よりも値段が高いので品質が良いように見えてしまいますが、値段が高いのは、上白糖と比べて生産量が少ないのが原因です。

上白糖と三温糖のカロリーについて

砂糖にはいろいろな種類がありますが、カロリーは似たり寄ったりです。

100gあたりのカロリーを見てみると、

上白糖:384kcal

三温糖:382kcal

でも、注意が必要なのは、甘い=糖分が多い、ということではありません。

糖度と甘味は相関関係がありません。

三温糖は実は糖度は上白糖より少ないんです。

砂糖はその使い道によって上手に使い分けると良いと思います。

カロリーは砂糖の種類より、選択の賢さと、味付けの技術で補うことが肝心ですね。

そういう意味でも三温糖は、甘さだけでなく、味に深みが増すので、
使いすぎることも無く、カロリーも抑えられ、同時に塩分も抑えられる「砂糖のスター」ですね。

みなさんの生活が少しでもストレスフリーになれば幸いです。

【スポンサードリンク】