加齢臭が服やまくらカバーに着いてしまったという人、多いですよね。

洗濯しても取れない加齢臭は何かと悩みの種になりがちです。

そんな時は洗濯の際に重曹を使ってみてはどうでしょうか。

普段使うことがほとんどない重曹ですが、実は洗濯や掃除で役に立つ便利なアイテムなのです。

重曹を使うと頭を悩ます加齢臭とおさらばできるかもしれません。

今回は洗濯での重曹の使い方をお伝えします。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

加齢臭が取れる?洗濯での重曹の使い方

加齢臭のついた服やまくらカバーを洗濯する時には重曹を使うのがおすすめです。

やり方は簡単。

洗いたい服やまくらカバーを洗濯の前に重曹を溶かしたぬるま湯(40℃くらいでOK)に30分ほどつけこみます。

つけこんだらお湯ごと洗濯機の中に入れていつものように洗濯してしまえばOKです。

たったこれだけで加齢臭がさっぱり取れます。

あまりに加齢臭がしみついてしまった場合は液体せっけんと重曹を混ぜて直接塗りつけてから洗濯するやり方もあります。

そもそも加齢臭はノネナールという物質が原因で発生します。

このノネナールは皮脂から生まれる物質なので、言ってしまえば油分に近いもの。

土汚れやホコリと違って、ただの水洗いでは落ちません。

しかし重曹は油と混ざることで、油を浮き上がらせて落としやすくしてくれる効果があります。

なので重曹を使えば加齢臭の原因であるノネナールを徹底的に落としてくれるのです。

ただしこのやり方には注意点があります。

洗濯機によっては重曹の使用ができないタイプのものがあります。

うっかり使うと故障の原因になる恐れがあるので、ちゃんと確認してから使うようにしましょう。

また、重曹は食用より工業用のタイプを使うのがおすすめです。

工業用の重曹は粒が荒く、汚れをかきだしてくれる効果が期待できます。

しかし工業用の重曹は食べられないのでお子さんが口にしないように保管しておきましょう。

【スポンサードリンク】

洗濯以外にも使える重曹の使い方

重曹は洗濯以外にも役立てることができます。

重曹を使って洗濯した服やまくらカバーも使い続ければまた加齢臭がついてしまうもの。

こんな時はテレビでも紹介されていた重曹を使ったデオドラントで加齢臭を防いでみましょう。

コーンスターチやアロマオイル(ローズやベルガモット、ラベンダーがおすすめ)を混ぜて、加齢臭が出やすい所にパフやガーゼに塗ればOK。

加齢臭が出るのは耳の後ろや脇なので、そこに塗れば加齢臭を抑えることができます。

重曹の消臭効果に加え、ローズやベルガモット、ラベンダーがノネナールと反応していい香りを出してくれます。

しかし重曹は低刺激とはいえ、敏感肌の人だと荒れてしまう恐れがあるので気を付けてくださいね。

最後に

いかがだったでしょうか。

重曹が洗濯に使えて、しかも加齢臭を消してくれるなんて以外でしたよね。

やっかいな加齢臭も重曹を使えばやっつけられそうです。

ちなみに重曹は洗濯以外にもシンクの汚れを取る研磨剤として使うこともできます。

これを機会に重曹で色々試してみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】