朝はしっかり食べたはずなのに、突然おなかが空くことはないでしょうか?

間食は小腹を満たすだけでなく、仕事中の気分転換や自分へのご褒美などいろいろな意味があります。

3食きちんと食べているけど、どうしても間食したいとき、カロリー目安ってあるのか??

間食のカロリーの目安はどのくらいがちょうどよいのか調べてみました

間食と上手に付き合うためのヒントとしてお読みいただければ幸いです。

よかったら参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

ダイエット中の間食について

間食とはお菓子に限らず3度の食事以外に口にする全ての食べ物です。

間食=太ると思われがちですが、実は、間食をしないとダイエットに逆効果になるケースもあります。

ダイエットに効果的な正しい間食の仕方を知ることで、間食はダイエットの味方にもなってくれるのです!

逆に、間食を完全に抑えるおやつを食べないダイエットが近頃少し話題になっています。

間食のメリット・デメリットを知ってダイエットに役立てましょう。

3度の食事以外は一切食べないダイエットです。

ダイエット中の間食の効果とは、血糖値の急上昇は太りやすいので、急激な血糖値のアップダウンを防ぐために、間食を上手に利用して、ダイエットに役立てます。

間食をすることの効果を知ることで、正しく間食を取り入れることができます。

ダイエット中は普段よりお腹が空いて、空腹を我慢したり、食べ物の制限をすることで食べたいものを我慢したり、かなりストレスを感じることがあります。

過食はリバウンド大きく影響します。我慢ばかりしないで、タイミングを合わせて間食することで、ストレスからくるリバウンドを防ぐことができます。

人の体は、空腹の時間が長時間になるほど、食べた時に血糖値が急上昇して、脂肪を溜めやすくなります。

空腹な時間を減らすことで血糖値は安定し、脂肪として溜め込もうという働きも少なくなります。

お腹が空いていると血糖値が下がり、その状態で食事をすると、血糖値が急激に上がります。

その結果、体が血糖値を下げようとし、血糖値が下がりすぎてしまうことがあります。

そうすると、さらなる空腹感を引き起こし、食べ過ぎを招いてしまいます。

【スポンサードリンク】

間食のカロリーの目安

一日の総摂取カロリーの160~200kcalまでを目標にしましょう。

一般に、間食のカロリーの目安は一日あたり200kcalと言われています。

嗜好品も含んでいるため、お酒を飲む場合もこの範囲に含まれます。

しかし、ダイエットで重要な点は、摂取カロリーよりも消費カロリーが上回らなければ痩せないということです。

一般的な運動量の二十代女性の場合、ダイエット中の一日のカロリー摂取量の目安は1600kcalです。

このうち200kcalをおやつ・嗜好品に割り振ると残り1400kcalで三食のご飯をやりくりしなければなりません。

ダイエットの基本は三食しっかり食べることが重要なので、おやつを食べ過ぎてしまったからといって、その他の食事を抜いたり減らしたりすると栄養のバランスが崩れてしまいます。

そのため、一日の目安になる総摂取カロリーの一割ほどをおやつ・嗜好品に割り振るのが良いという考え方もあります。

効果的な間食について

ダイエットにとってメリットもある間食。

だけど、際限なく好きな量を食べていいわけではありません。
 
そうなると、やっぱりケーキなどはカロリーオーバー?

1日の間食目安量は、1日に必要なエネルギー量の1割程度。

食間が5時間程度であれば特に間食をとる必要はありませんが、昼食や夕飯を食べる時間が遅くなってしまうなど長くあく場合、おなかがすいたら間食をとったほうがよいです。

その後の食事で、空腹によるドカ食いを防ぐのに役立ちます。

みなさんの生活が少しでもストレスフリーになれば幸いです。

【スポンサードリンク】