乾燥肌によるしわ、泣けてきますね。

年齢によるものならまだしも、お肌の性質のせいでしわが増えるなんて…。

ですが、実は乾燥によるしわには原因があり、それを解消する対策を打ってあげることで目立ちにくくしてあげることができるんです。

そこで今回は乾燥によるしわの原因、そして対策についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

そもそも乾燥肌とは?

まずは乾燥肌についてのそもそもの知識からおさらいしていきましょう。

乾燥肌というのはその名のとおりお肌の水分量が低下し、肌が乾燥している状態を指します。

水分量が低下する理由は皮脂の分泌量が低下することだったり、角質細胞間脂質の現象などです。

乾燥肌になる原因としては、年齢や体質、気候などどうしようもない部分もありますが、環境やライフスタイルも大きく関係していると言われています。

事項から乾燥肌のしわに焦点を当て、原因と対策について見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

乾燥肌によるしわの原因

肌から皮脂が失われ乾燥が進むと、肌は潤いを維持しようとして角質細胞が分裂して増殖しようとします。

この角質細胞による層が乱れて隙間ができるとしわになってしまうのです。

細胞単位での乱れのため、しわが非常に細かくなっているのがその特徴で、目の周りや口の周り、額といった皮膚の比較的薄く乾燥しやすいところにできることが多いです。

このため、初期状態としてはそんなに目立たないのですが、症状が進行してしわとしわが合わさってくると目も大きくなり、目立つようになってしまいます。

一度大きくなってしまうとそのしわを消すのは非常に困難ですから、まだしわが小さいうちに対処することが、しわを目立たなくするために重要です。

乾燥肌のしわの対策

お肌の乾燥によるしわを目立たなくするには、原因となっている角質層に対して直接水分や脂質を補給してあげることが対策として有効です。

セラミドやヒアルロン酸が含有されている化粧水、美容液、クリームなどを角質層に塗ってあげることで、まだしわの目が細かいうちなら目立たなくすることができるでしょう。

また、乾燥肌の潤いを守ろうとする角質層の乱れを抑えることも有効です。

これが乱れる理由としてあげられるのが、紫外線によるお肌への刺激。

これによって正常なお肌のターンオーバーができず、本来あるべき形に層ができず隙間を生んでしまいしわになるのです。

ですから、日常から帽子や日焼け止めなどを使用して、お肌に対する紫外線からのダメージを極力減らしてあげましょう。

また、しわができてしまう原因となっている乾燥肌が改善するような対策も有効です。

先ほどライフスタイルが乾燥肌に影響していると書きましたが、その中でもやはり大きいのは食事。

過度なダイエットによりお肌にとって必要な栄養素が足りず、乾燥肌に陥っているという人も少なくありません。

特に、不足すると乾燥肌になりやすい栄養素はタンパク質や脂質、ビタミン、ミネラルなど。

肉や油はダイエットの敵だと思われがちですが、それが不足するのはお肌の敵なんですよ。

また、睡眠不足なども乾燥肌の原因となりますので、規則正しい生活を送るように心がけましょう。

最後に

お肌の乾燥によっておこるしわの原因と対策についてご紹介してきました。

早期の対策がしわを目立たなくする鍵ですから、しわができたらすぐに対処し、また日常の生活からお肌の状態を改善できるよう、見直していきたいですね。

【スポンサードリンク】