ダイエットしていてもついつい間食してしまうそこのあなた!

ダイエットに最適な方法として、間食にナッツを選ぶと良いのをご存知でしたか?

とはいっても、ダイエットに良いからといって、やみくもに間食としてナッツの量を多く摂取して良いわけではありません。

ナッツには様々な種類があり、ダイエットとして効果を発揮するナッツの量にもおおよその決まりがあります。

今回は、そんなダイエットとして効果を発揮する間食ナッツの種類や量などをご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

間食にナッツがおすすめな理由!

では、何故間食にナッツが良いとされているのでしょうか?

ナッツは脂質の塊ですから、カロリーが高いのが難点とされてきました。

しかし実は、消化されにくい脂質の塊であるが故に、適量を間食として摂取するのはダイエットに効果的です。

私たちの体は食事を摂った際、血糖値が急激に上昇していく時に糖分が脂肪に変わっていきます。

ナッツ類の中でも馴染みのあるアーモンドであれば、10粒程(約10g)で60Kcalと少しの量でも高カロリーなナッツたち。

しかし、消化がされにくいために腹持ちが良く、糖質が少ないために血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。

つまり、急激な血糖値の上昇をゆるやかにしてくれるため脂肪が作られにくく、お腹も空きにくくなるのです。

ここまでお知りになれば、ナッツがちょっと小腹が減った時に間食として選ぶのに最適であるというのが理解できるはずです。

それでは、ダイエットとして効果的なナッツの種類はどのようなもので、どの位の量なのでしょうか?

【スポンサードリンク】

ダイエットに効果的な間食ナッツの種類や量は?

ナッツと一口に言っても様々な種類があります。

間食として選ぶとすれば、どのようなナッツをどの位の量なのでしょうか?

では、入手しやすく手軽に間食として選ばれているそれぞれのナッツ10粒のカロリーをお伝えしていきます。

◎ピーナッツ   10粒(約7g)  50Kcal

◎アーモンド   10粒(約10g) 70Kcal

◎ピスタチオ   10粒(約12g) 30Kcal

◎ヘーゼルナッツ 10粒(約15g) 100Kcal

◎カシューナッツ 10粒(約15g) 100Kcal

◎クルミ     10粒(約30g) 200Kcal

こうしてみると、ナッツは種類によって大きさがそれぞれ違い、

1粒あたりの量も違う上にカロリーも大きく異なります。

グラム数が多いもの程カロリーも多くなるナッツがほとんどで、その中でもクルミは10粒で200Kcal。

その為、クルミは知らぬ間にポツリポツリと食べていると、

いつの間にかとんでもないカロリーを摂取してしまう可能性があります。

そんな中、ピスタチオは同じ10粒でも30Kcalである為、少し多めに食べてもダイエットに良いといえるでしょう。

しかし、注意したいのが塩味のナッツ。

塩味がついたナッツには食欲増進効果があり、ついつい多く食べ過ぎてしまいますので要注意です。

最後に

今回は間食に良いとされるナッツの種類や量についてご紹介してきました。

そして、ナッツの種類や量によってカロリーも様々であることも分かっていただけたと思います。

しかしダイエット中とはいえ、やはりせっかくの間食くらい自分が好きな美味しいナッツを食べたいものですよね。

量を多く摂ってもカロリーが低めなピスタチオが間食に良いともお伝えしましたが、

今回ご紹介したカロリーと照らし合わせ、「今日は◯粒まで!」と決めて好きなナッツを摂取することをお勧めします。

美容にもダイエットにも良いとされるナッツたち。上手に摂取してダイエットが成功しますように!

【スポンサードリンク】