缶詰の中でもとりわけ臭いものがあるという話、ご存知ですか?

そう、以前話題にもなった「シュールストレミング」という魚の缶詰のことです。

名前は知っているけどどういう缶詰か知らない…という人も多いかと思います。

今回は魚の缶詰の中でもダントツに臭いシュールストレミングについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

世界一臭い魚の缶詰、シュールストレミング

世界一臭いと言われる魚の缶詰、シュールストレミング。

正体はニシンの塩漬けを缶詰にして発酵させた、スウェーデンの食べ物です。

魚の発酵食品、というだけで臭いものだということはなんとなくわかるかと思います。

しかし世界一臭いと言われるシュールストレミングは伊達ではありません。

通常缶詰は高熱殺菌されますが、シュールストレミングは発酵させるために一切殺菌をしない状態で出荷されます。

つまり缶詰として保存している間にもリアルタイムで発酵が進んでいきます

缶詰にした段階で1か月~2カ月は発酵させているものを更に発酵させていく状態になります。

発酵が進むとガスが発生し、なんと缶詰が円形に膨らんでしまうとか。

それを開けるとどうなるか…想像できますよね。

シュールストレミングの臭いは強烈で、生ごみを直射日光にさらして数日放置したような臭いだと言われています。

その臭いの強さはなんとくさやの6倍!

本場スウェーデンではその臭いが流れたことで警察や消防が出動したという逸話もあり、航空機に運び込むことも禁止されています。

人によっては缶詰を開けた瞬間に失神する場合もあり、もはや生物兵器と言ってもいいレベルなのです。

【スポンサードリンク】

世界一臭い魚の缶詰の注意点

世界一臭い魚の缶詰であるシュールストレミング。

何かの縁でこれが手に入り、開けてみようと思った人は必ずこれを読んでくださいね。

まず缶詰を開ける時から要注意です。

シュールストレミングは通常の魚の缶詰と違い、現在進行形で発酵が進んでいます。

つまり缶詰の中はガスが充満している状態。

これを開けるとガスと一緒に中の汁が噴出します。

この汁、絶対に浴びないようにしましょう。

ただでさえ臭い上に服に染み付くと一生取れないとも言われています。

服に付いたらあきらめた方がいいでしょう。

また、臭いの強烈さに失神する人もいます。

失神した時に助けてもらえるように、必ず誰かと一緒に開けてください(笑)

そしてシュールストレミングを開ける時なるべく屋外で開けること。

ただでさえ臭いが広がり、汁も飛び散るので室内が悲惨なことになります。

天井に汁がついてしまったらもう引っ越すしかないと言われています。

もちろんご近所さんに迷惑がかからないように人気のないところで開けるようにしましょう。

いっそ魚の缶詰ではなく、不発弾を処理すると思った方がいいかもしれません(笑)

最後に

世界一臭い魚の缶詰という評判は伊達ではないシュールストレミング。

日本ではネット販売でのみ購入することができます。

怖いもの見たさで購入しようと思った時は注意してください。

シュールストレミングは一般的な魚の缶詰とは何もかも違っています。

ただ臭いだけではすまないかもしれません。

それこそ、兵器と接する気持ちで向き合いましょう(笑)

【スポンサードリンク】