寒暖差アレルギーで咳や痰に悩んでいる人は少なくないと思います。

私も寒暖差アレルギーなので気温や室温が変わると痰がでてきたりします。

夏や冬のように室温と気温の差が大きくなる、季節の変わり目で気温が変化する時期は寒暖差アレルギーの人にとっては嫌なもの。

咳や痰に悩むのはこりごりですよね。

今回は寒暖差アレルギーの人ができる対策をお伝えします。

誰にでもできる対策なので、ぜひ試してみてください。

【スポンサードリンク】

寒暖差アレルギーでなんで咳や痰がでてくるの?

花粉症などと違って対策が立てづらい寒暖差アレルギーですが、正式名称は「血管運動性鼻炎」といいます。

これは外気の温度変化に自律神経がついていけず、鼻水や目の充血、咳や痰といった症状を起こすというもの。

いってしまえば自律神経の不調です。

つまり寒暖差アレルギーは病気ではなく、ましてやアレルギーですらなく、ただの自律神経の不調なのです。

病気ではないと聴くと大したことがないように思えますが、やっかいなのはこの点です。

病気ではないからこそ、寒暖差アレルギーは薬などで治療するという対策で根治することはできません。

外気の極端な温度変化がある限り、自律神経は不調を起こしてしまうのです。

風邪やアレルギーの際に使う咳や痰をしずめる薬が効かないのはこのためなんですね。

おまけに寒暖差アレルギーは重症化すると咳や痰だけでなくじんましんや頭痛を引き起こします

自律神経の不調とはいえ、バカにできないのが寒暖差アレルギーなのです。

【スポンサードリンク】

寒暖差アレルギー対策!

寒暖差アレルギーは外気の温度変化による自律神経の不調であり、薬などで対策しても再発する恐れがあります。

かといって咳や痰を放っておくのも嫌ですよね。

ここでは誰にでもできる寒暖差アレルギー対策をお伝えします。

①運動して筋肉をつける

寒暖差アレルギー対策で意外と大事なのが運動です。

筋肉は多いだけ体の熱量を増やしてくれるので、運動して筋肉をつければ寒暖差アレルギーの影響を軽減できます。

また新陳代謝を活性化してくれるのでより効果的です。

女性に寒暖差アレルギーが多いのは単純に男性と比べて筋肉が少ないからです。

簡単な運動でもいいので体をきたえるようにすれば、寒暖差アレルギーを防げます。

②上着を持ち歩くようにする。

夏場はクーラーが効きすぎた建物の中に入ることが多く、寒暖差アレルギーを発症しやすくなります。

外気の急激な温度変化に備え、外出の際に上着を持ち運ぶことも大切です。

上着があれば急激な温度変化の対策になるので便利ですよ。

上着一枚で寒暖差アレルギーによる咳や痰を防げるのは楽ですよね。

③体を温める食べ物を食べる。

体を冷やすことも寒暖差アレルギーの原因になります。

とりわけ夏はアイスクリームやかき氷を食べ過ぎて体を冷やしがちです。

そんな時はしょうがやにんにく、唐辛子を食べることが対策になります。

これらは体を温める効果があり、体を温めることで寒暖差アレルギーを防ぐことができます。

夏場にカレーを食べることがいいのはあながち間違いじゃないんですね。

最後に

寒暖差アレルギーは咳や痰をともなうやっかいなものです。

しかも寒暖差アレルギーは自律神経の不調で起こるので、外気の温度変化そのものの対策をしないといけません。

咳や痰が止まらない時は体を温めたり、筋肉をつけるなど、外気の温度変化への対策をしておきましょう。

【スポンサードリンク】