皆さんはカメムシに遭遇したことがありますか?

きっと多くの人が、カメムシが出す臭いに辟易したことと思います。

カメムシは成虫もですが、幼虫も強烈な臭いを出します。

触ってしまったり、カメムシが洗濯物についてしまったときなど、本当に嫌ですね。

では、カメムシを駆除するにはどうしたらいいのでしょうか。

成虫だけでなく、カメムシの幼虫も含めて駆除する方法を調べてみました。

【スポンサードリンク】

カメムシの出す臭いの原因は?

カメムシが出す臭いはかなり強烈で嫌な臭いです。

これはカメムシが自分の身の危険を感じた時に出すものです。

この臭いで危険から身を守っています。

嫌な気分になる臭いですが、意外にも人間には無害です。

臭いを嗅いだからといって体に毒ではありません。

とは言ってもできればかぎたくない臭いですよね。

なんとこの臭い、カメムシ自身にもきつい臭いと言いますから驚きです。

臭いを出しているカメムシを瓶などに入れてふたをしたら臭いで気絶してしまうほど。

自分も耐えられない臭いを出すなんて、非常に厄介な虫ですね。

【スポンサードリンク】

カメムシの駆除方法

それではカメムシはどうやって駆除したらいいのでしょうか。

まず、カメムシは草むらに生息しています。

周りに草がある環境では、どこでもカメムシが発生する可能性があります。

ですので、雑草は刈ってしまうのが一番ですね。

しかしどの草むらにいるかなど特定は難しいので、駆除してもゼロになることは難しいです。

そこで、家に近づいてくるカメムシを駆除する方法を探しました。

基本的にカメムシは、冬を越すために暖かい場所を探します。

その結果、寒くなると草むらから民家などの暖かい場所へ移動してきます。

秋の終わりごろにカメムシが増えたと感じる人も多いと思いますが、原因はこれです。

民家に近づいてきたカメムシですが、中でも厄介なのが洗濯物につくカメムシです。

払って落とすときにあやまってつぶしてしまったら、洋服にも臭いがついてしまいます。

臭いはなかなか取れず、非常に嫌なものですね。

これはあらかじめカメムシを寄せ付けないしか方法はありません。

カメムシが嫌がる薬が市販されていますので、洗濯物と一緒に下げておくといいでしょう。

しかしこれには殺虫成分は入っていないので、駆除にはなりません。

駆除するにはやはり殺虫剤を使います。

スプレータイプの殺虫剤もありますが、臭いを出すことを考えると、カメムシを凍らせるスプレーがいいでしょう。

あくまで瞬時に、カメムシに臭いを出される間瀬に駆除することが大事です。

また、家の中に入ってきたカメムシですが、殺さないならそっと外に出す方法もあります。

刺激を与えると臭いを出すので、あくまでそっと、外に逃がしましょう。

ティッシュを数枚重ね、カメムシにかぶせて、カメムシがティッシュに捕まったところをそのまま袋に入れてしまうと臭くなりません。

それでも数が多い場合はやはり殺虫剤で駆除する方が早いです。

ペットやお子様に注意して、殺虫剤でカメムシを駆除しましょう。

前もってカメムシが近寄ってこない方法の一つに、ハッカ油を壁などに塗っておくのもいいようです。

カメムシの侵入経路が分かっているなら、そこを重点的にハッカ油でブロックしておきましょう。

これでカメムシが家の中に入ってくるのを防ぐことができますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

嫌な臭いを出すカメムシを駆除する方法を書いてみました。

幼虫から成虫まで、刺激を与えると臭いを出しますので、どうか気を付けてください。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】