かかとの内側と外側で痛みを感じる事ってありませんか??

捻挫や打撲など、怪我をした訳ではないのにかかと周り[内側・外側]に痛みがでるのは何故なのか??

放っておけばいつかは治るであろうと簡単考えがちなかかと周りの痛みは意外と後になって大きな後遺症になる可能性もあります。

今回はそんなかかと周り[内側・外側]に痛みが出る原因はなんなのかとその対処法を紹介していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

かかと周り[内側・外側]の痛みによくある症状と原因

【寝起きや歩き初めに痛みが出てくる】…朝起きた時布団から出て地面にかかとが触れた時、そこから歩き始めた時など足(かかと)を地面に着地させることで痛みが出る。

【長時間立ってると痛みが出る】…かかとが痛みを感じるので立っているのが辛い。

【不規則に痛みが出てくる】…かかとが痛みを感じてからしばらくすると痛みが取れるが、ふとした時にまた痛みを感じるなど不規則に痛みを繰り返す。

【常にかかとに違和感がある】…かかとに何かが刺さっている、何か固い物が当たって痛みがあり、常に何かがかかとにあるかのような違和感がある。

【つま先に負担がかかると痛みが出る】…階段を上ったりした時にかかる負担が、かかと[内側・外側]に痛みを感じる。

【押すと痛みを感じる箇所がある】…かかとの内側を押すと痛みが出る。かかとの外側を押すと痛みを感じる。

これらの様な症状が継続的に続く場合、『足底筋膜炎(そくていきんまくえん)』『踵骨棘(しょうこつきょく)』『アキレス腱炎(けんえん)』などにかかっている場合があります。

かかと[内側・外側]に痛みが出る原因として、各種スポーツなどで大きく負担のかかるハードなトレーニングや、長時間立ち仕事をした時にかかる大きな負担が足(かかと)にかかることで発症します。

単純に言いますと足(かかと)の使い過ぎが原因です。

痛みが出やすい足にはかかと周り[内側・外側]の骨格が崩壊しかけている状態(オーバープロネーション)にあります。

これが足裏にある筋や腱、その周りを覆っている膜に強いストレスや負荷がかかり続けると炎症を起こして痛みを発症させます。

【スポンサードリンク】

かかと[内側・外側]の痛みを改善する為に効果的な対処法

【適切な休息とストレッチ】…要するに上記に記載した通り足の使い過ぎが痛みの大きな原因なので、スポーツをやられる方は過度のトレーニングをし過ぎない事と、かかと[内側・外側]にすでに痛みを感じている方はトレーニングをするにしても程度を下げるか痛みが回復するまでしっかり休ませる事と、痛みを感じる場所にアイシングや適切なストレッチを行うことを心がけるようにしましょう。

【自分の足に合った靴、インソールを選ぶ】…スポーツをする方は特にですが、かかと周り[内側・外側]の骨格崩れに対応した靴が市販で売られていますので購入する事をお勧めします。同時にオーダーメイドにはなってしまいますが、かかと周り[内側・外側]の骨格崩れに効果を発揮するオーダーメイドインソールを見立ててもらい使用すれば、かかと周り[内側・外側]の骨格が安定して負荷がかかりにくくなるので痛みも抑えられます。

最後に

いかがでしたか??

しっかりと痛みに向き合って正しく対処していけば継続的に続いているかかと周り[内側・外側]の痛みからおさらば出来ます!

今痛みを抱えていない人でもこれからこれらが原因で足に負担がかかり痛みが出てくるかもしれないので、痛みが出る前に正しく行動して健康的な体を維持していきましょう!!

【スポンサードリンク】