人との会話が苦手で悩んでいる人もいますよね。

人見知りが激しかったり、何を話せばよいかわからずに会話が続かない場合もあります。

会話が苦手なのを何とか克服して、会話が苦にならないようにしたものです。

そこで会話が苦手で克服したい!という方に向けて、会話の克服法を紹介していくので参考にしてみましょう。

【スポンサードリンク】

会話克服への第一歩~会話が苦手な理由を知ろう

会話の対する苦手意識を克服するためには、まずなぜ会話が苦手だと感じるのかその理由を探るところから始めましょう。

会話に対し苦手意識が生じる理由はいくつかあります。

まず本当は会話したいのに、相手の反応を気にしすぎてしまうという場合です。

話しかけても相手の反応が悪かったり、思うように話が盛り上がらないと気まずいという思いが先に立ってしまうからです。

次に、会話したいのに何を話題にしてよいかわからないという場合です。

特に初対面で相手のことが何もわからない状態だと、話題選びが難しいと感じてしまいます。

そして、せっかく相手が話しかけてくれたのに、緊張してうまく返せず会話が終わってしまうという場合もあります。

またとっさの切り返しがうまくいかない、更に話を振られたらどう返事すればよいかわからなくなることもあるでしょう。

【スポンサードリンク】

会話の苦手を克服するには?

それでは、会話の苦手意識を克服する方法を紹介していきます。

会話の苦手を克服しなければとあまり思いつめ過ぎずに、気楽な気持ちで実践してみましょう。

まず、明るく挨拶することころから始めましょう。

人の印象は出会って7秒で決まるといわれます。

後の会話をスムーズにするためには、まず第一印象で好感をもたれるようにすることが大事です。

「おはよう」とか「はじめまして」などごく簡単な挨拶を、口角を挙げて笑顔で明るくしてみましょう。

次に相手の服装やヘアスタイル、持ち物などに目を付けてほめてみましょう。

思いつかなければ、天気など当たり障りのないことでも大丈夫です。

会話の話題を広げながら、徐々に長く話せるようにすると苦手も克服できます。

自分が最近気になることや、好きなことなどを紹介しつつ、あなたはどうですか?など相手にも尋ねてみましょう。

例えばスポーツが好きで、休みの日はテニスをしていますが、あなたは休みの日は何していますか?など軽い感じで聞いてみると会話もつながっていきます。

会話の中で相手との共通点が見つかると会話も弾み、苦手意識が克服されていきます。

今の話題で相手が興味もっているか、相手の反応をみることも忘れないようにしましょう。

後は、相手が話している時は表情豊かに相槌を打ったり、少しオーバー気味でもいいのでリアクションを取りましょう。

そうすれば、相手も自分の話に興味を持ってくれている、もっと話したいなという気持ちになり会話も続けやすくなります。

中には会話が苦手だったり、忙しいなどの理由で話しかけても冷たい反応を示す人もいるかもしれません。

そんな時は自分とは縁がなかった人だと思い、また違う人との会話が楽しめるように気持ちを上手に切り替えていきましょう。

【スポンサードリンク】