会社に行きたくないときは、どんなに仕事が好きな人にもあることです。

そんな時休むための適当な理由というのはなかなか思いつかないものです。

今回は会社にばれにくい休むための理由を考えてみました。

どうしても会社に行きたくないときに是非参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

一日会社に行きたくない時に使う理由

朝どうしても会社に行きたくないというときには体調不良を理由にするのが一番です。

というのはどこの会社でも社員が体調を崩したら休ませるというのが普通だからです。

病気の社員を働かせるとそうでない人が迷惑をします。

「風を引いた」「腹痛」「嘔吐」「下痢」「病院に行く必要がある」という理由なら会社側も納得して休ませてくれるはずです。

「風を引いた」という理由はどんな時でも使える魔法のようないいわけです。

会社に行きたくないということがばれずにすみます。

会社側に電話を掛けるときも咳をしたりしていかにも具合が悪そうにして会社を休む旨を伝えます。

「腹痛」だけで会社を休むというのはちちょっと甘ったれてると思われてしまうので、病院で診てもらうということを付け加えたりすることをお薦めします。

「嘔吐」や「下痢」ならば社員がトイレに何度も駆け込んで仕事にならないことは上司にも想像はできるので疑われることはまずないと言えます。

【スポンサードリンク】

休むタイミングの考慮

そしてタイミングやコンビネーションに気を配ることも大切です。

一日会社を休むというのなら前の日に適当な演技をうったり、会社を休んだ後の日も体調不振であったということをアピールすることを忘れないでください。

体調不良を理由にするときは慎重にそのコンビネーションを考えることも必要になってきます。

病気で休むという理由でも何度も同じ理由を使っていたら会社側も疑いをかけるものです。

行きたくない理由を配合よく混ぜて仮病だということがばれないようにしましょう。

女性専用の理由

女性専用の理由としては「生理痛がひどい」が挙げられますが、生理周期を気づかれないようタイミングを見計らうことをお薦めします。

生理痛がひどいというのはれっきとした理由ですので、タイミングさえつかめばそこそこは使えます。

しばらくの間会社を休む時の理由

3,4日ぐらいどうしても会社に行きたくないというときは、子どもや両親、親せきなどを休む理由にすることをお薦めします。

自分ではどうにもならない理由だから会社側は簡単に受け入れてくれます。

「子供が高熱を出した」、「両親の介護がどうしても必要になった」、「親族が危篤状態」といった理由には会社側は親身になってくれます。

子供を理由に会社を休むというのは一番適当なことです。会社は子供が理由になるとすんなりと休むことを容認してくれます。

お子さんがいない場合は親を理由にすることをお薦めしますが、この時突拍子もない理由を使わないほうがいいです。

「ヘルパーさんの都合で親の病院に付き添わなければならない」といった柔らかな理由ならば、会社を休むこともやむをえないと納得されるでしょう。

最後に

会社に行きたくないときに使う理由としては以上のことが挙げられますが、会社を頻繁に休むようでは会社側は「自己管理ができない人」というレッテルを貼り付けるようになります。

日ごろは健康管理に気を付けてできるだけ休まないようにしましょう。

【スポンサードリンク】