「最近よく重い頭痛が襲ってくる…」

「頭痛だけじゃなくて、なんだかだるい…」

「この症状ってもしかして花粉症が原因なのかな?」

と思っているそこのあなた。

勘が鋭いですね!

花粉症が原因で頭痛に悩まされ、さらに体がだるいという症状まで起こることもあります。

「花粉症の季節じゃないのに?」と思う人もいるかもしれませんね。

でも実は、アレルギーを引き起こすなんらかの花粉は1年を通して飛散しているんです。

「頭痛やだるい症状を引き起こす花粉症をなんとかしたい!」

「原因を突き止めて解消したい!」

「1年中花粉症に悩まされるのはイヤだ!」

そんな人のために調べてみました。

読んでいただけると幸いです。

【スポンサードリンク】

花粉症の主な症状

花粉症の主な症状は、くしゃみ・鼻水・目のかゆみ、ですよね。

花粉症はアレルギー体質を持っている人が花粉を体内に取り入れたときに現れる症状です。

花粉自体は人間にとって有害な物質ではないのですが、アレルギー体質の人の体は、花粉を有害物質と判定し排除しようとします。

そのときに働くのが「ヒスタミン」という物質。

免疫機能が働いて、ヒスタミンが放出されると、鼻水や涙やくしゃみが出るようになっています。

花粉を体の外に出そうとがんばる、これが花粉症の症状なんですね。

【スポンサードリンク】

頭痛の原因は?

花粉症と言われる人の約80%が、スギ花粉症と言われています。

スギ花粉症の症状の中には、
・頭が重い
・頭痛
などの症状が含まれます。

スギ花粉症になる原因は、アレルギー体質の人が花粉をたくさん吸い込んでしまうから。

ではなぜ、スギ花粉症になると、頭痛などの症状が現れるのでしょうか?

その原因は、花粉によって鼻粘膜が炎症を起こすからだと考えられています。

花粉により、鼻の粘膜が腫れます。

すると、鼻からとりこむ酸素量が少なくなり、脳に行く酸素が少なくなる。

そうやって酸欠のような状態になり、頭痛につながるのです。

体がだるい原因は?

また、体がだるいという症状も、やはり花粉症が原因です。

花粉症になると入ってきた有害物質を、免疫細胞が攻撃しようとがんばります。

免疫細胞ががんばる分、体力を消耗するのです。

その免疫反応がなくなれば、体がだるいという症状は治まるのでしょうが…

それは根本原因である花粉症が治るということ。

体がだるいという症状を原因から治すというのはちょっと大変そうです。

花粉症と付き合っていかなければならないと腹をくくった人は、体がだるいときは、「質の良い睡眠」を心がけましょう。

とにかく体を休め、免疫細胞の疲れも癒してあげましょう。

まとめ

花粉症になった時の頭痛や体がだるいという症状の原因とその対処法について見てきました。

一度花粉症になってしまったらその根本原因から治療する、というのはかなり難しいです。

花粉症とのお付き合いは長期間続くでしょう。

そんな中、頭痛や体がだるいという症状まで出てくると本当に気が滅入ってしましますよね…

頭痛も体がだるい症状も、原因はわかりました。

頭痛の症状のときは、鼻の通りを良くする鼻腔テープや鼻うがいを。

体がだるい症状のときは質の良い睡眠が取る。

根本原因から治したい!という場合は専門のお医者さんに相談しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】