花粉の季節になりました。

花粉症の方はこの時期はくしゃみや鼻水でつらいですよね。

でも他にも花粉症の症状で熱が出たり、だるくなったり、頭痛がしたりすることがあるようです。

今回は熱が出てだるい時、頭痛がする時、どんな対処法があるか調べてみました!ぜひ参考にしてみて下さいね。

【スポンサードリンク】

花粉症で熱がでることってあるの?

花粉症での発熱は微熱なら花粉症の方なら感じたことがあると思います。

鼻がつまったり、ずっと出っ放しだと頭もぼーっとしてだるいですよね。

体がアレルギー反応を起こすことで発熱することは珍しくありません。

花粉症のみが原因で38度以上の高熱になってしまうという事は多く無いそうです。

花粉症の症状が酷くなってきた時期に38度以上の発熱をした!

それは「花粉症でのアレルギー反応での発熱」ではありません。

花粉症のアレルギー反応のせいで体の免疫力が下がってしまい、その「免疫力の低下」が理由で発熱をしてしまうというケースが多いようです。

【スポンサードリンク】

花粉症で熱が出たときの対処法

例えば、普段なら微熱程度で収まる程度の風邪だったとしても、花粉症のアレルギーで免疫力が低下している時に重なってしまたせいで普段以上に高熱になってしまうとかそのような理由が多いです。

きちんと医師の診断を受けて薬を処方してもらいましょう。

何故なら花粉症の薬との飲み合わせなどもあるのと、熱の原因がどこから来ているのか知ることができます。

今は体が花粉のアレルギー症状にやられて疲れてしまっている状態です。

体内に取り込まれたアレルギー物質のせいで体が炎症を起こしてしまって体をだるくさせてしまっています。

免疫力も低下しているから熱が出るのです。

ですから、空気清浄機やマスクをしっかり活用して、体内に花粉を出来る限り取り込まないようにしましょう。

まれに本当に花粉のみが原因で高熱がでることもあります。

その時は毎回毎年花粉の季節で高熱が出るようになってしまいます。

ステロイド注射なども含めしっかりと病院でご自身にあった治療法をきちんとした病院で相談された方が良いようです

花粉症で頭痛が起きる理由と対策

発熱以外でも、花粉症の症状のひとつとして起こる頭痛は、主に鼻粘膜の炎症によるものだと考えられています。

鼻の粘膜がアレルギーを起こして腫れ、鼻から取り込む酸素量が少なくなることにより、脳に十分な酸素が行き届かなくなります。

酸欠のような状態になり、だるさや頭痛につながっているそうです。

頭痛がするときは、鼻の通りをよくして酸素をしっかりと取り込むことで軽減される場合があります。

ひどい頭痛はストレスにもつながるので、我慢は禁物です。

一時的に頭痛薬で症状を緩和させることもできますが、注意しなければいけないのは、通常の頭痛薬と花粉症の薬との併用です。

薬の成分が重複したり、飲み合わせの副作用などの可能性も考えられるため、医師の判断で薬を処方してもらうのが一番安心だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

花粉症の季節に熱が出たり、頭痛がおきたり、くしゃみや鼻水だけでない症状がでることもあるということがわかりましたね。

免疫力が低下して体がだるくて辛いと思いますが、ぜひ対策をしっかりやって花粉の季節を乗り越えて下さいね!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【スポンサードリンク】