カフェインを沢山摂って、副作用として貧血や吐き気、動悸などを感じたことはありますか?

私はよくコーヒーを飲んだりするのですが、カフェインの摂りすぎで貧血などの副作用があるなんて少し怖いです。

どのくらいで副作用が出るのでしょう?

今回はカフェインを摂る副作用で貧血や吐き気、動悸などについて調べてみました。

コーヒーなどカフェインをよく摂る人はぜひ参考にしてみてくださいね!

【スポンサードリンク】

カフェインの副作用に貧血!?

カフェインは貧血を起こすような副作用だけではなく、良い作用ももちろんあります。

大脳皮質を刺激したり、脳内の睡眠物質(アデノシン)の作用を妨害したりして眠気を妨害します。

眠気覚ましにカフェインはとても有効です。

また、覚醒作用を引き上げる効果も確認されています。

脳の働きを活性化させて神経機能を高め、疲労解消や集中力を高める効果もあります。

脳の血管を収縮させる働きを持つため、頭痛などの鎮痛剤に使われたりします。

カフェインの摂りすぎによる副作用の一つ、「貧血」はカフェインが鉄分の吸収を阻害するため、貧血になりやすくなります。

特に鉄分不足による貧血に悩む女性は、食事の前後のコーヒーやお茶などカフェインの多量の摂取は控えたほうが良いでしょう。

【スポンサードリンク】

カフェインの副作用はどのくらいで起こるのか?

どのくらいカフェインを摂ると副作用が出るのでしょうか?

カフェインは摂りすぎるとまず、カフェイン中毒に陥ります。

カフェイン中毒の初期の症状の一つの副作用として、貧血や吐き気、動悸などがあげられます。

普段飲み慣れていないカフェインを大量に摂取するとこのような症状が現れるのです。

カフェインは一般的な成人が10~12g以上を一気に摂取するとカフェイン中毒の危険が高まるといいます。

ドリップコーヒー一杯でおよそ135mgです。

カフェインの副作用はカフェインの取り方で変わる

カフェイン中毒には、一日にたくさんの量を急激に摂取しておこる「急性カフェイン中毒」と、毎日カフェインを摂取することによって、カフェインに耐性ができてどんどん量が増えていくことで起こる「慢性カフェイン中毒」とがあります。

慢性カフェイン中毒の人には副作用として貧血や吐き気、動悸などの症状は起こりません。

一度に沢山カフェインを摂取した場合に副作用として起こります。

慢性カフェイン中毒の場合、カフェインにどんどん耐性がついてしまい、イライラして集中力がなくなる、頭痛や精神的による吐き気、不安になったりうつのようになります。

薬においてもカフェインが含まれているものはたくさんありますが、中でも一錠あたり500mg以上の含有量のものは劇薬として扱われます。

沢山服用すると急性カフェイン中毒で命の危険にもつながることもあるんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カフェインの副作用の危険性を知って適度に摂っていれば吐き気やその他の副作用は現れることはありません。

カフェインは良い作用も沢山あります。

ほどよく飲むのでしたら、集中力もあがり、一杯のコーヒーが楽しみのひと時になると思います。

中毒にならない程度に楽しみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】