皆さんはカフェインのアレルギーをご存知でしょうか。

あまり聞きなれないと思いますが、カフェインでアレルギーを起こすことがあるのです。

カフェインのアレルギーには様々な症状があり、体にかゆみが出るなど身体的なものから精神的なものまであります。

カフェインのアレルギーとは一体どういったものなのでしょう。

かゆみをはじめとしてどんな症状があるのか調べてみました。

【スポンサードリンク】

カフェインのアレルギーってどんな症状なの?かゆみもある??

カフェインと言って思い浮かべるのがコーヒーだという人は多いと思います。

カフェインのアレルギーは、コーヒーなどカフェインを摂取した際に起こるものです。

このアレルギーは遅発性で、コーヒーなどを飲んですぐに起こるものではないため、原因がないかわからない人も多いのです。

それではどんな症状があるのか見ていきましょう。

1)かゆみを伴う湿疹ができる

体全体に、特に手のひらなどに水泡状の湿疹ができることがあります。

この湿疹は激しいかゆみや痛みを伴い、日常生活に支障をきたします。

かゆみが強いため、湿疹をかきむしってしまい、さらに広がるといった悪循環も厄介です。

2)蕁麻疹が出る

湿疹と同じくかゆみを伴いますが、蕁麻疹状のものができることもあります。

赤くミミズばれのようになり、繰り返し起こるのも特徴です。

3)吐き気がする・嘔吐する

コーヒーなどの過剰摂取が原因で吐き気がしたり、嘔吐してしまう場合もあります。

胃に負担がかかっておこるものなので、摂取量が多いと起こります。

4)手足のしびれ・動悸・頭痛などが起こる

これはアレルギーでもあり、また、カフェイン中毒が原因と考えられます。

常にカフェインを摂取していないと不安定になり、こういった症状になって表れるのです。

体に症状が出るだけでなく、不安感やイライラ、パニック状態に陥る人もいる重篤な状態です。

【スポンサードリンク】

カフェインアレルギーの原因は?

では、これらのアレルギーを引き起こす原因にも触れてみましょう。

先ほども書いたカフェイン中毒以外に、まずはコーヒー豆そのものにアレルギーがある場合があります。

生のコーヒー豆を触るとアレルギーが出ますが、加工されたものだと発症しません。

コーヒー豆の残留農薬が原因のアレルギーもあります。

化学物質が関係していて、ほかのアレルギーが出やすい人に多く見られます。

缶コーヒーなど、加工する際に使われた添加物が原因でアレルギーが出ることもあります。

食べ物でアレルギーがある人は、コーヒーに含まれるほかの添加物に反応しているかもしれません。

このように、カフェインのアレルギーの原因はいくつかありますので、アレルギーを治すにはカフェインと関わらないようにするしかないのが現状です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まだあまり知られていないカフェインのアレルギーについて調べてみました。

当てはまる症状があるけど今まで原因がわからなかった人は、もしかしたらカフェインアレルギーかもしれません。

体に湿疹や蕁麻疹が出ると激しくかゆいので厄介です。

体の異変もつらいものですし、精神的な症状も緩和したいですね。

思い当たる人は生活の中のカフェインを取り除いて、アレルギーを起こさないようにしてください。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】