押入れを開けた瞬間、鼻をつくカビの嫌な臭い。

常にきれいにしてしまっているのに、どうしてもカビが生えてしまうということはよくあることで、特に押入れの位置が水回りに近かったり、また、湿気のある場所となると定期的に防止策を講じなければなりません。

正直めんどくさいですが、冬になりお布団がカビ臭いという経験をしないためにも、常に気を配っていたい場所と言えるでしょう。

じゃあ、どうしたらいいのか?

以下に防止法などをご紹介しますので参考にしてみましょう。

【スポンサードリンク】

押入れの嫌な臭いカビは防止法。布団や衣類を清潔に!

これは私自身やっている方法です。

まず、押入れに入れるもの、特に毛布や布団などですが、洗えるものは洗い、しっかりと乾かしてから仕舞うという方法です。

その時に注意したいことは以下となります。

・完全に乾かしてしまいたいので、数日かけて天日干しをする

・天日干しでは暖かいまま仕舞わない(湿気防止のため)

・衣替えで仕舞う服もお布団や毛布同様、乾燥させてから熱をしっかりと取る

カビが生える原因は汚れや穂ころりが残っていることと、湿気によってそれらにカビが生えてしまうこととなりますので、洗えないものは天日干しをしたあと、カビ防止のためにブラッシングをする、掃除機の専用部品を使ってしっかりと埃をとる、汚れは部分的に落としておくということが重要です。

つまり清潔にしてカビ防止をしましょうということになります。

【スポンサードリンク】

押入れのカビ対策

さて、今度は押入れへの物の仕舞方をご紹介しましょう。

「低材適所」

私が好きな言葉ですが、押入れのカビ防止でもその言葉を当てはめることでよい環境を作ることができます。

湿気は下の方にたまってしまいます。

ということは、専用のケースにしまわない布団などは湿気の少ない場所に仕舞うということになります。

つまり、お布団などの寝具は上の方に、専用のケースは下の段に入れたほうが良いということです。

衣類の専用のケースの素材は、できれば桐素材のものがおすすめですが、値段的に無理というのなら段ボールのものが良いでしょう。

桐たんすなど衣類の保管には最適ということは有名ですが、その理由は「呼吸をする素材」ということで水分の調整もしてくれるからです。

プラスチック素材の場合それができません。

しかし、段ボールなら桐のように呼吸をする素材と言えるのです。

プラスチック素材がダメということでは、クリーニングから帰ってきた衣類やお布団もそのままではなく、ビニールから外して入れてしまってください。

カビを防止するには空気の通り道を作ってあげること

物がたくさんある場合、押入れに隙間なく詰め込んでしまうことでしょう。

便利なもので、そこに仕舞ってしまえば部屋の散らかりまで隠れてしまうものです。

しかしそうやることによって、カビはどんどん繁殖しますし、大事にしまっていたバッグが白くカビてしまう・・・ということにつながりかねません。

それが高価なもの、大好きなものだとしたらとてもショックでしょう。

それを防止するには、押し入れの中に空気の通り道を作ってあげることです。

・直接物を置かない

下にすのこを敷き、底面に空気の通り道を作ってあげる。

・奥と壁、前面に隙間を作って物を仕舞う

それを実践することで壁面に空気の通り道を作ってあげることが可能です。

・物を高く積みすぎない

最終的には、物と物の間も少し開けることでカビ防止をすることができることでしょう。

昔の風習で押入れカビ対策

「土用の虫干し」

「真冬の寒干し」

昔はお布団を洗うことはなく、着物などもほとんど洗うことがなかったそうです。

先人の知恵は素晴らしいもので、それを押入れの中やそこに仕舞った布団や衣類のカビ防止に役立てることができます。

土曜の虫干しは梅雨が明けてからとなり、寒干しは1月から2月の間となりますが、空気が乾燥しているときが絶好のチャンスなのです。

高価で大切にしているものほどそれを実行し、カビ防止に役立ててみてはいかがでしょうか?

虫干しではお日様にあてずに干すものなどもありますので、日焼けしてほしくない衣類や物などは陰干するようにします。

クローゼットに仕舞った衣類なら、ハンガーごとそのまま干してしまいましょう。

最後に

大切なものやシーズンごとのものを仕舞うのが押入れですが、カビが生える、カビ臭くなることを防止するには、清潔にする、空気の通り道を作ってあげて通気性をよくするとお話ししました。

普段は物を仕舞いっぱなしにしてしまっているかもしれません。

しかし、いざというとき、カビ臭い物を使わなければならなくなったとき、どう思うでしょう?

それが来客のためのお布団や大切な日に使う物だとしたら・・・

カビ防止の方法を簡単にお話ししましたが、やったら終わりではなく、年に最低でも2回は実践してみてください。

他に、年に数回実践したいことは扉を開けて、除湿器で湿気をとり、エアコンや扇風機で空気を循環させることです。

もしも湿気の多い場所に押入れがあるとしたら、湿気対策グッズも大いに活用しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたの家の押入れが快適なスペースとなりますように。

【スポンサードリンク】