部屋の壁紙に出てきたカビ……

嫌ですよね。

壁紙のカビは、特に湿気の多い洗面所などに出やすいです。

洗面所はどうしてもジメジメしてしまいますからね。

果たして取り方はあるのでしょうか?

結論から言うと、洗面所などの壁紙に繁殖したカビの取り方は、色々とあります。

それでは、洗面所などの壁紙に生えたカビの取り方について見ていきましょう!

最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

【スポンサードリンク】

なぜ洗面所の壁紙にカビが生えるのか?

ジメジメしているとはいえ、なぜ洗面所の壁紙にはカビが生えやすいのでしょうか?

実はカビは、目には見えませんが空気中のどこにでも漂っている生き物なのです。

そのカビ、温度が25〜30℃くらいの間で、湿度が80%を超える場所で、壁紙などに付着し繁殖します。

風通しが悪いとさらに増える可能性が高まる。

春から夏にかけて、風通しの悪い洗面所は温度が上がり、湿度も増します。

そんな洗面所の壁紙は、カビにとっては絶好の繁殖場所です。

カビは温度25〜30℃、湿度80%以上という条件で、カビの大好きな栄養分がある場所では一気に繁殖して手に負えなくなります。

一つの胞子が芽を出せば、集団を作り、さらに胞子を吐き出すようになります。

空気中のカビ胞子はさらに増え、さらにまた壁紙にくっつき、カビが繁殖する……

という悪循環に陥るのです。

【スポンサードリンク】

カビの取り方をお教えします!

カビの取り方は色々とあります。

まずすぐにできるカビの取り方は、以下の3つ。

1.湿気を減らし、湿度を落とす
2.徹底的に掃除をして、カビの餌になる汚れを落とす
3.風通しを良くして、空気を入れ替える

要は、カビが繁殖してしまう条件を一つでもなくしてやれば良いのです。

これ、言うだけなら簡単なのですが、実行するのは結構大変ですよね。 

もう一つのカビの取り方をご紹介しましょう。

それは、

「カビを退治してくれる薬を使う」

です!

もっとの手っ取り早いカビの取り方ですね。

ですが、使用する際は注意が必要。

カビ取り用の薬は、人体に害のある化学薬品を使用している場合が多いので、使うときには気をつけてくださいね。

中には、カビの天敵と言われる、自然の微生物「納豆菌」の一種を利用したカビ取り用の薬品もあります。

これは、化学薬品を使用していないため、身体と環境にやさしいのです。

ただ、強い薬品ではないので、すぐに効くわけではありません。

穏やかに効いてきますのでそこらへんには注意が必要です。

また、この薬品は置いておくだけでカビを予防することにも役立ちます。

まとめ

洗面所の壁紙に繁殖したカビの取り方について見てきました。

洗面所の壁紙は、カビが繁殖しやすい環境です。

カビの主な取り方は2つ。

まず、カビが繁殖する3つの条件を1つでも減らす取り方。

そしてもう一つは、薬品を使って強制的に排除する方法です。

この2つを組み合わせて、洗面所の壁紙に繁殖したカビを退治して、これ以上増やさないように予防しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【スポンサードリンク】