色がくすんで輝きを失った10円玉を綺麗にしたい時、どのご家庭にでもある「ある物」でピカピカ綺麗になるのをご存知すか?

その「ある物」というのが、実はお醤油なのです。

10円玉がお醤油で綺麗になるだなんて、きっと皆さん想像できないと思います。

でも、きちんとした理由を知ることで10円玉がお醤油で綺麗になることに納得できます。

今回は、そんな汚くなった10円玉がお醤油でピカピカになる理由をご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

10円玉がピカピカになる理由を知る前に。。お醤油の成分について

お醤油を使うことで10円玉がピカピカになるということはすでに種明かしをしました。

では、その理由を知る前に私たちの家庭で使用している一般的なお醤油の成分や製法についておさらいをしたいと思います。

お醤油は、大豆、麦、米などの穀物類が主成分です。

そして「蒸煮麹菌」と呼ばれる菌を用いて、穀物類から麹を作ります。

その後、その麹と塩水もしくは生揚げ(もろみの絞り汁)を混ぜ合わせ、発酵・熟成することでお醤油は出来上がります。

つまり、お醤油の中に含まれる成分は以下の物があるとされます。

◎植物性たんぱく質
◎ブドウ糖(糖質)
◎穀物類を発酵させる微生物(菌)
◎ナトリウム(塩分)
◎ペプチドや苦味アミノ酸
◎乳酸や酢酸、クエン酸などの有機酸

これにより、甘みとコクとうま味としょっぱさが入り混じった美味しいお醤油ができているのです。

【スポンサードリンク】

美味しいお醤油が10円玉をピカピカにしてくれる理由とは?

お醤油がどうして美味しくてどんな成分によってできているのかは分かりましたが、そんなお醤油が10円玉を綺麗にしてくれる理由は何なのでしょうか?

10円玉の汚れは主に、銅が酸化したり手アカなどが原因です。

手アカは消ゴムで擦ったり、ふき取ったりすることで多少は落ちますが銅の酸化はそうもいきません。

そんな時に10円玉をピカピカにするべく効果を発揮してくれるのが、美味しいお醤油です。

そしてその理由が、主にお醤油の中のうま味とコクを作り出してくれているナトリウムと有機酸の働きなのです。

10円玉表面の銅の酸化はお醤油の中の酸(乳酸や酢酸、クエン酸など)を含んだものにより酸化が軽減されます。

しかしそれだけでは効力が少ないのですが、お醤油の中に含まれるナトリウム(塩分)が酸の力を発揮させてくれます。

つまり、お醤油の中の酸とナトリウムのダブルパワーが理由で、10円玉はピカピカ綺麗になるのです。

お刺身などで使い終わったお醤油の小皿に何気なく10円玉を落としてしまった!

放置していたらいつの間にかピカピカになっていた!その理由は、このような機序によるものなのでした。

でも皆さん、くれぐれもお刺身を食べている途中で10円玉をお醤油の中に落とさないように気をつけてくださいね!

最後に

今回は、美味しいお醤油が10円玉を綺麗にしてくれる理由をご紹介しました。

お醤油も食べ物ですから、ただ10円玉を綺麗にしてくれるだけで使うのはもったいないですよね。

できれば皆さん、ご自宅でお刺身やお寿司を食べ終えた後に余ったお醤油などでトライしてみてくださいね。

そうすればお醤油を使う理由が10円玉を綺麗にするためにはならず、一石二鳥になりますから!

【スポンサードリンク】