ふと鏡の前に立った時、顎のラインが気になることはありませんか。

贅肉がついて顎のラインがなんとなく丸くなったり、二重顎になってしまっていたりすると、ちょっと格好悪いですよね。

顎に肉がついていると顔全体が広がって大きく見え、いくら小顔メイクしたところで広がってしまったものはなかなか小顔には見えませんよね。

顎についた贅肉を落としてすっきりした顎のラインに戻したい、そうするためにはどうすればいいのでしょうか。

顎に肉がついてしまった原因を考え、余分な肉を取ってきれいな顎のラインを手に入れましょう。

【スポンサードリンク】

顎の肉の原因

顎の無駄肉の原因として真っ先に思いつくのは、ずばり肥満でしょう。

太った人はほぼ間違いなく二重顎ですよね。

顎についた脂肪をそのまま放っておくと、「睡眠時無呼吸症候群」の原因にもなりかねませんので、早めに対処するするとよいでしょう。

むくみも二重顎の原因となりますが、厳密には肉がついているわけではなく、リンパ液の巡りが悪くなっているだけです。

むくみが原因の場合は日によって顎の見え方が変わるという特徴があるので、毎日鏡で顎の状態をチェックするとよいでしょう。

顎についた肉、というよりは脂肪が原因となってむくみを生じることもあり、その場合はますます顎に肉がついたように見えてしまうと考えられます。

スマホやPCを見るなど日ごろから下を向いていることが多い人も、顎の筋肉の低下したりリンパ液の巡りが悪くなったりして、むくみの原因となることが多いようです。

【スポンサードリンク】

顎についた肉を落とす方法

肥満が原因で顎に肉がついてしまっている場合、肉を落とすにはまず減量することが第一です。

減量と同時に顎の筋肉を鍛えましょう。

顎の筋肉を鍛えることで余分な脂肪を落とし、たるみのないすっきりとした筋肉質の顎のラインを手に入れましょう。

顎の筋肉を鍛える方法は、軟らかいものではなく硬いものをよく噛んで食べることが重要です。

硬い煎餅などが、食べるのに顎が疲れてしまうような食べ物が筋肉を鍛えるのに最適かもしれません。

ついあまり噛まずに飲み込んでしまうという人には、ガムを噛むことをお勧めいたします。

食べること以外で顎の筋肉を鍛える方法は、よく笑うことと、英語をしゃべってみることです。

英語は日本語とは違う筋肉の使い方をするので、始めてやると顎が非常に疲れてしまうことが分かると思います。

よく噛むことで脂肪を燃焼して筋肉を鍛え、また筋肉を鍛えることでリンパ液の巡りもよくなるので同時にむくみも解消されます。

むくみを手っ取り早く解消するためには、顎のラインに沿ってマッサージをして、リンパ液の流れをよくすると良いようです。

もっと手っ取り早く顎の肉を取りたい場合は

手っ取り早く顎の脂肪を取る方法は、美容外科による脂肪吸引でしょう。

ただし、これはむくみが原因の顎には効きません。

脂肪が原因の場合にのみ効果があり、なんの努力もいりませんが、それなりのリスクと費用が伴うことを覚悟しておいてください。

最後に

顎に肉がついてしまってから慌てて顎の無駄肉を落とそうとするのではなく、やはり日ごろから顎の筋肉を鍛えておくことの方が重要です。

普段からよくしゃべり、よく笑い、よく噛んで食べることこそ、顎に脂肪がつかない最も有効な手段です。

【スポンサードリンク】