最近、胃痛と胃もたれがひどい…トシかなぁ…

と思い始めたそこのあなたへ。

胃痛や胃もたれに聞く、オススメの食事対処法があります。

「胃痛や胃もたれなのに、食事による対処法があるの?」

と思うかもしれませんが、それがあるんです!

それでは、年齢も、胃痛も胃もたれも気になるあなたのための、食事対処法について調べたことを書いていきます。

読んでいただけると幸いです。

【スポンサードリンク】

なぜ胃痛や胃もたれになるの?

それではなぜ、胃痛や胃もたれが起こるのか?順番に見ていきましょう。

まず胃痛です。

胃痛は、消化性潰瘍があると起こることが多いです。

胃粘膜に潰瘍がない場合でも、胃に強い刺激が加わると起こることもあります。

胃痛を起こす強い刺激として、代表的なのが「胃酸の出過ぎ」です。

その原因としては、不規則な生活や食べ過ぎ、ストレスなどがあげられるでしょう。

次に胃もたれです。

胃はぜん動運動問いうものによって、食べ物と胃の消化液「胃酸」を混ぜ合わせて消化します。

そしてそれを小腸に送り出しています。

しかし、不規則な生活や食べ過ぎ、ストレスなどで胃に結構負担がかかると、胃の運動機能が低下することで消化がスムーズに行われなくなってしまいます。

これにより、胃に食べ物が長くとどまってしまい、胃もたれの原因になってしまうのです。

【スポンサードリンク】

胃痛や胃もたれに効く食事対処法

では、胃痛や胃もたれを感じた時にはどうすればよいのでしょうか?

そうです、食事による対処法があるのです。

胃痛や胃もたれになった時は、やはり消化の良い食べ物を摂取すると良いです。

卵、牛乳、大豆製品は、消化が極めてよく、卵は半熟が最も消化がよいといえます。

牛乳は胃に負担をかけません。

さらに、胃液の酸性度を抑えてくれるので、胃壁の保護にも役立てってくれるんです。

少し温めて食間に飲むのがよいですね。

また、大豆製品は様々あります。

豆腐、納豆、きなこ、みそ、などなど、良質な植物性タンパク質を含んだ食品でもあるので弱った胃と体にはぴったりです。

積極的にとるようにしましょう。

胃痛や胃もたれにぴったりの3つの食事対処法は、卵、牛乳、大豆製品ですね。

でも、肉類も食べたい!と思う時もあるかもしれません。

胃痛、胃もたれの時にどうしてもお肉が食べたくなった場合は、脂肪の少ない鶏肉のささみ、牛・豚のヒレやもも肉にしましょう。

脂肪の多いお肉は消化に時間がかかるため、食事対処法とは逆効果になってしまいます。

どうしてもお肉を食べたければ、なるべく脂肪の少ないものにすることと、食物繊維が豊富な野菜類も忘れずにとるようにしましょう。

カボチャ、大根、ニンジン、トマトのような、煮込んで柔らかくなるものを選ぶとよいかもしれません。

胃痛や胃もたれの時の食事対処法は、胃痛や胃もたれではなくても、体に優しい食事として参考になりますね!

まとめ

なぜ胃痛、胃もたれになるのか?胃痛、胃もたれになったの時の食事対処法にはどんなものがあるのか?見てきました。

胃痛や胃もたれがひどいと感じてきたら、胃に優しい食事をとることを心がけましょう。

それが快適な毎日を生きるための対処法になります。

卵、牛乳、大豆製品を食べるように心がけてください。

きっと胃痛や胃もたれを癒してくれます。

胃痛と胃もたれには、いつもの食事をちょっとだけ意識して、胃に優しくしてくれる食事対処法を取り入れればいいことがわかりましたね。

胃が辛い時は是非試してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【スポンサードリンク】