寒くなり、空気が乾燥してくるとインフルエンザが流行しますね。

インフルエンザといえば高熱を発し、寒気を伴うだるい関節痛が痛くなるとこともあると思います。

でも、寒気があり関節痛がなくても微熱しか出てなくてもインフルエンザの場合があります。

微熱が続くだるいインフルエンザとはどんなものなのでしょう。

またその対処の仕方について考えてみましょう。

【スポンサードリンク】

微熱・関節痛・だるい・寒気があるのはどんな時

微熱や喉の痛みやだるいなど寒気がある一般的な風邪の諸症状なしで、関節痛と悪寒の場合には、インフルエンザの初期症状であると思います。

インフルエンザは高熱が出るのが普通ですが、寒気やことはあってもまれに熱はあまり上がらないことがあるそうです。

微熱は高くもないのに関節痛だけがあり変なだるい風邪だと思っていたらインフルエンザだったということがよくあります。

風邪ではない場合はインフルエンザを疑いましょう。

【スポンサードリンク】

風邪とインフルエンザのちがいは

風邪とインフルエンザって、いったい何が違うのでしょうか?

その一番大きな違いはウィルスです。

風邪もウィルスがあり感染するのですが、インフルエンザはその拡散性が問題です。

風邪は年中引く可能性がありますが、インフルエンザは冬の一時期に爆発的に広がります。

インフルエンザを発症した場合、まず、悪寒や頭痛、関節の痛みと、38度~40度程度の高熱等の症状が、急激に表れ、しばらく経ってから喉の痛みが伴うことがよくあります。

この時に、市販の風邪薬等の総合感冒薬を服用しても、効果はあまりありません。

このような症状が表れたら、初期のうちに病院に行っておかないと、最悪の場合は脳炎や肺炎などの重度の感染症を引き起こす場合があります。

このような症状が出たら休みの日でもすぐに休日診療所などで診てもらいましょう。

一般的な風邪の場合は、くしゃみ鼻水、頭痛、喉の痛み等の症状が徐々に表れ、それに伴い、徐々に熱も上がっていくような感じです。

一般的な風邪の諸症状は、くしゃみ鼻水、発熱、喉の痛み、場合によっては高熱、吐き気、腹痛等があります。

ンフルエンザと似た症状の場合もありますし、逆に風邪と思って医者に診てもらったらインフルエンザだったということもあります。

風邪薬の効果が出ないなら、すぐに病院に行くことをおすすめします。

インフルエンザで熱が続かない原因

インフルエンザになると、なぜ発熱するのかを考えてみましょう。

発熱はウィルスや細菌の増殖を抑えるための防御反応です。

免疫活性食細胞(白血球やマクロファージなど)が身体を守るために異物を取込み無力化します。

これらの細胞が活発に活動できる温度は38.5℃です。

脳の視床下部はウィルスが体内に入ると体温を上げる指示を出し、身体は熱生産(筋肉をふるわせる)を行い、なおかつ熱放散(血管収縮、汗腺を閉じる等)を抑え、体温を上げます。

ですから安易に解熱すると免疫活性食細胞の活動を妨げることになり、完治までに時間がかかってしまうことがあるので注意が必要です。

最近はインフルエンザにもかかわらず発熱せずに微熱が続くという症例が出ています。

考えられる理由として、免疫力が高い、予防接種をしている、市販薬(風邪薬・鎮痛剤など)を服用している、熱を出す力がない等が考えられます。

微熱が続くと身体がだるく、体力的にもつらくなります。

なるべく早く病院に行きましょう。

みなさんの生活が少しでもストレスフリーになれば幸いです。

【スポンサードリンク】