胃が痙攣しているのに痛みなし!こんなことってなかなかないことですから、

症状と対処法を確認して、どんな状態なのかをきちんと知りたいですよね。

胃が痙攣していると様々な問題を引き起こしていきますが、痛みなしなのは何故でしょうか?

今回は、みなさんがお困りの胃が痙攣しているのに痛みなしの状態の症状と対処法についてお話していきます。

【スポンサードリンク】

胃が痙攣するけど痛みなし!こんな時の症状ってどんなものなの?

胃が痙攣していて、ピクピクする感じがして気持ち悪い。

止めたいから姿勢を変えたり、動いてみてもなかなか治らない。

そんな症状で、対処法も分からずにお困りではないでしょうか?

胃痙攣は、胃の周りの筋肉がピクピクと痙攣することで起こりますが、一般的な症状は以下のようなものです。

◎吐き気、嘔吐
◎胃や腹部の痛み
◎下痢
◎便秘
◎食欲不振

胃の周りの筋肉の痙攣が原因である場合、胃そのものが痛むように感じたりします。

そのため胃痙攣の際に起こる吐き気と嘔吐、それに伴う胃や腹部の痛みはとても辛いものです。

ですが、今回お伝えするのは痛みなしの胃痙攣。

この場合の胃痙攣は、お腹の筋肉がかなり緊張している可能性があります。

お腹の筋肉が過緊張状態であると、お臍の上の辺りが痛みなしでピクピクしたり、

動悸があるような、胃も痙攣しているように感じます。

そして、その原因の多くがストレスによるものです。

その場合、痛みがなくても消化器系の力も弱まっており、上に記した痛みの症状以外の症状も伴っていることがあります。

では、痛みなしの胃痙攣に対してはどのような対処方法があるのでしょうか?

【スポンサードリンク】

胃が痙攣するけれど痛みなし!症状は理解できたけど対処法は?

ではそのような過度なストレスが原因で起こる胃痙攣のような腹部の筋肉の過緊張の症状は、

どのようにすれば対処することができるでしょうか?

一番大切なことは、根本的な対処方法として原因となるストレスを取り除くことです。

ストレスには、精神的ストレス・身体的ストレスもしくはどちらも重なる場合もあります。

その中でも不眠は精神的にも身体的にも大きなストレスとなり、胃痙攣の症状の引き金となることが多いです。

リラックスをして、休息を取ることが胃痙攣の症状を軽減させる一番の対処法といえるでしょう。

ですが、仕事などの都合によってどうしても休息をとることができない場合は、以下の方法を試してみてください。

◎消化にいいものを摂取する。

→胃腸が弱まっていることは確かですから、消化にいいものを摂取して胃腸への負担を軽減させましょう。

そうすることで、胃腸の周りの筋肉の痙攣の症状も弱まってくれることがあります。

◎ツボを押してみる。

→胃腸の不調の際には、背中にある「ヒユ」と呼ばれるツボを押すことで症状が緩和することがあります。

ちょうど背骨の中の11胸椎と12胸椎の間で、背骨から指2本分外側の場所にあります。

最後に

今回は、胃痙攣の症状とその際の対処法についてご紹介しました。

一番効果的な対処法はストレスを軽減することだとお伝えしましたが、

他にも食べ物を工夫したりツボを使ったりと症状を軽減する対処法があることもお伝えしました。

それでもやはり症状が治らない場合は、他にも何か疾患がある可能性もありますので、

病院で相談してみることもお考えください。

【スポンサードリンク】