妊娠中、女性の体は急激に変化します。

妊娠前は便秘なんてまったく縁がなかったのに、急に毎日のお通じが来なくなったり、便通が悪くなったり硬い便がなかなか出てこなかったり、なんてこともあります。

そして、話によると妊娠中は出血を伴う「いぼ痔」になる女性が多いのだそうです。

いったいなぜでしょうか?

対処法はあるのでしょうか?

妊娠中にできたいぼ痔で出血してしまった時の対処法は、やはりまず原因を知るところから始まります。

いぼ痔がなぜできるのか?

なぜいぼ痔から出血するのか?

これらを知ることから、正しい対処法が見えてきます。

最後まで読んでいただければ幸いです。

【スポンサードリンク】

なぜ妊娠中にいぼ痔ができやすいのか?

先ほども書いた通り、妊娠中はいぼ痔ができやすいという話をよく聞きます。

調べてみると、なぜなのかわかってきました。

「いぼ痔」とは、静脈が鬱血(うっけつ)して発生する静脈瘤(じょうみゃくりゅう)のことです。

直腸や肛門付近にできるできものをいぼ痔と呼んでいます。

いぼ痔ができる理由は主に3つあります。

一つは高齢化。

いぼ痔は老化現象によってできるとも言われています。

二つめは便秘。

便通が悪い、便が硬くてなかなかでてこない、となるといきんでしまいますよね。

これによって肛門に相当な負荷がかかり、肛門付近のうっ血の原因になります。

三つめは妊娠です。

妊娠中はいぼ痔を発症しやすいと言います。

妊娠中は、赤ちゃんが大きくなるにつれてお腹は大きくなります。

すると、その重さで下腹部に負荷が掛かります。

排便時は、妊娠前よりも肛門付近に圧力がかかり、うっ血していぼ痔が発症しやすいのです。

【スポンサードリンク】

なぜいぼ痔から出血するのか?

いぼ痔をそのままにしておくと出血する恐れがあります。

それでは、なぜいぼ痔から出血するのでしょうか?

先ほども書いた通り、いぼ痔は肛門付近にできたうっ血がいぼ状になったものです。

うっ血とは血流障害によって、その箇所に血が溜まった状態。

そこに、さらに硬い便が通ったり、便を拭き取る時に摩擦が起こったりすると出血が起こります。

不思議なことに、いぼ痔の出血は痛みが伴いません。

なので多くの場合、出血によりいぼ痔の存在が確認されます。

いぼ痔の対処法

そんな妊娠中のいぼ痔の対処法について。

まずは、おしりを温めることです。

血行が良くなり、いぼ痔の症状がやわらぎます。

もし痛む場合、軽くひざを曲げ横向きに寝ると、肛門へ負担がやわらぐのでオススメです。

いぼ痔が痛む時の対処法としては、市販薬を使うのも良いでしょう。

痛みを抑える効果が含まれるものがありますので。

また、いぼ痔は排便でいきんだ時に肛門の外に出てくる場合があります。

そんな時の対処法は、痛みがないことが多いので、触っても痛くない場合は指で肛門の中に押し込んであげてください。

ただ、戻すときは乱暴に押し込まない方が良いでしょう。

まずは肛門を清潔にし、便座に座り、指で出てきたものを押さえながら立ち上がります。

すると、スムーズに肛門の内側に戻せるでしょう。

それでも戻らない場合、無理矢理押し戻すことはせず、早めに病院を受診してください。

まとめ

妊娠中のいぼ痔で出血した時の対処法について見てきました。

妊娠中の女性は体が急激に変化します。

一人の体の中に命が二つあるわけですから、すごいことですし今までと違うことが起こっても不思議ではありません。

対処法は、まずはおしりを温めることです。

でも、いぼ痔で出血したら恥ずかしくて誰にも言えないかもしれません。

妊娠中の女性のいぼ痔による出血は、旦那さんの優しさが一番の対処法になるかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【スポンサードリンク】