二日酔いで頭痛や吐き気がひどい。

お酒を飲む人なら誰しもが経験あるんじゃないでしょうか。

そんな時、すぐに二日酔いによる頭痛や吐き気を解消する対処法があったら嬉しいですよね。

そこで今回は、二日酔いで頭痛や吐き気がある時に試してもらいたい効果的な対処法についてご紹介していきます!

【スポンサードリンク】

二日酔いによる頭痛・吐き気の原因

二日酔いには様々な原因がありますが、感じている症状によって様々な原因が考えられます。

頭がズキズキと痛むようなら、お酒に含まれるアデノシンという物質が血管の炎症を起こし、頭痛を起こしている可能性が高いです。

頭痛や吐き気を伴うだるさ、食欲不振などの症状がある場合には、二日酔いによる脱水が考えられます。

アルコールによる利尿作用により、お酒を飲むと飲んだ分以上に水分が出ていきます。

これにより体内の水分が知らず知らずのうちに失われており、朝起きた時には脱水状態でそれを二日酔いの症状だと感じるのです。

脱水による症状は二日酔いによる症状の中でも最も多い原因となります。

頭痛とともに筋肉痛やだるさを感じる場合には、低血糖症が考えられます。

肝臓には糖分を貯蔵し、体内に不足した分を供給する役割があるのですが、アルコールを摂取しすぎることにより肝臓がアルコール分解で手一杯になってしまい、体全体の糖分が不足する状態です。

頭痛、吐き気とともに疲労感やだるさがある場合には、アセトアルデヒドが原因だと思われます。

肝臓がアルコールを分解する際に発生する物質で、これが体内に残っている時にこのような症状が出ます。

頭痛はなく吐き気、下痢、食欲不振などの症状の場合、胃酸過多の症状です。

アルコールを飲むことにより胃が活性化しすぎることとこのような状態になります。

次は、それぞれの二日酔いへの対処法を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

二日酔いによる頭痛・吐き気への対処法

二日酔いには様々な原因があるのが分かったところで、それぞれの原因に対する対処法をご紹介します。

ご自分の症状に合った原因を特定してから、対処法を試してみてください。

アデノシンが原因の二日酔いに有効なのは、血管が炎症している原因である血管の膨張を収縮させてあげることです。

これにはコーヒーや牛乳が効果的です。

それでもダメなら頭痛薬を飲みましょう。

脱水が原因の二日酔いの場合には、体内に水分を補給してあげるのが第一です。

水分補給にピッタリな飲み物といえばスポーツドリンクですね。

塩分濃度が体液に近いため非常に吸収が早いです。

低血糖症が原因の場合には、糖分を摂取することが必要です。

オレンジジュースなどの果糖を多く含むものや、コーンフレークなどの炭水化物が良いでしょう。

アセトアルデヒドが原因の場合は、体内からアセトアルデヒドを取り除く必要があります。

しじみやゴマにはアセトアルデヒドの解毒作用があるため効果的です。

胃酸過多が原因の場合は、胃の働きを抑える必要があります。

それにはしょうがや重曹が効果的です。

重曹は水に少量を溶かして飲むと良いでしょう。

二日酔いにならないために

楽しくお酒を飲んだ翌日頭痛や吐き気などにならないためには、二日酔いを避けることがなによりですよね。

それには、お酒を飲む前の準備も重要な対処法です。

コンビニなどに売っているウコンドリンクなどはある程度の効果があります。

また、寝不足やストレス、疲労、空腹のような状態で大量のお酒を飲むことも二日酔いをひどくする要因です。

このような状態をなるべく作らない生活を送れるように心がけてください。

飲んだ後に水で水分を補給して体内のアルコールを薄めておくのも効果的ですよ!

最後に

頭痛や吐き気を伴う二日酔いの症状別の原因と対処法についてご紹介してきました。

症状が出ている時は本当につらいですので、今回ご紹介した方法をぜひ試していただいて、なるべく早く体をラクにさせてあげてくださいね!

【スポンサードリンク】