しゅっと引き締まったふくらはぎや足首に憧れる人は多いと思います。

程よく細く形の良いふくらはぎや足首はどうやったら手に入るのでしょう。

簡単に細くする方法はあるのでしょうか?

ふくらはぎや足首を細くする方法を調べてみました。

【スポンサードリンク】

足首を細くする方法

足首は、もともとは脂肪が少なく太くなりにくい部位です。

しかし、足首が太くなって悩んでいる人は多いですよね。

これは、むくみが原因と考えられます。

ですので、足首を細くするには足のむくみを改善するのがいいでしょう。

むくみをとるには、血行を良くする必要があります。

足首だけ改善するのではなく、全身の血行を良くしましょう。

方法は、次の通りです。

1.床に寝転がり、足をあげてぶるぶると足を揺らす。

2.起き上がって、くるぶし周りをマッサージする(内側を初めに、次に外側)

3.アキレス腱を指で挟み、下から上へ揉む。

4.握り拳を作り、足の甲をマッサージする。

以上です。

滑りがよくなるように、足首周りにボディクリームなどを塗っておくといいでしょう。

上の方法は時間がゆっくり取れるときなら可能ですが、時間がない方におすすめの方法もご紹介します。

足首をぐるぐる回してほぐす方法です。

片方の足をもう片方の足のモモにのせます。

乗せたほうの足とは反対の手の指を、足の指の間に入れ、絡めます。

しっかり握ったら、足首をぐるぐる回します。

左右どちらも5回ずつくらいを目安に、空き時間ができたらやるようにしましょう。

続けると足首のむくみが取れやすくなります。

【スポンサードリンク】

ふくらはぎを細くする方法

足首が細くなったら、今度は引き締まったふくらはぎを手に入れましょう。

足首と違って、ふくらはぎは筋肉を鍛えることで細くなりますよ。

まず、床にまっすぐ立ち、足のかかとをあげる動きを左右交互に行います。

左右で一回とし、これを十回繰り返します。

三セットを目安に行います。

これでふくらはぎの筋肉が鍛えられていきます。

この、かかと上げの動きが無理なくできるようになったら、もう少し鍛えましょう。

床にまっすぐに立ち、壁に手をついて体を支えます。

両足のかかとを同時にゆっくり上げていき、限界まで来たら今度は同時にゆっくりおろしていきます。

上げて下すを一セットとし、十セットを目安に行います。

慣れるまではきついですが、徐々にふくらはぎが締まってくるのを感じられるでしょう。

普段から気を付けること

せっかくエクササイズをしていても、普段の生活習慣が悪かったら意味がありません。

まず、すぐにエレベーターやエスカレーターを使う人は、少しでもいいので階段を使いましょう。

階段は、足首とふくらはぎを同時に鍛えるのにもってこいです。

また、冷え性の人はむくみやすいので、冷えの対策をしっかりして血流を良くしましょう。

そして、足がむくんでいるなぁと感じた日は、その日のうちにむくみをとってから寝るようにしましょう。

これを心がけるだけで、ふくらはぎや足首が太くなるのを防ぐことができます。

まとめ

いかがでしたか?

ふくらはぎや足首を細くする方法をご紹介しました。

足首が太くなるのはむくみが原因なので、普段からむくむ人は対策をしましょう。

ふくらはぎは筋肉を鍛えることで引き締まります。

毎日コツコツとエクササイズをしましょう。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】