番茶とほうじ茶の違いを知っていますか?

お茶の種類としてだけでなく、カフェインなどの成分の違いもあるようです。

「番茶とほうじ茶のカフェインの量ってどう違うの?」

「うちの番茶はほうじ茶みたいな色なんだけどどう違うの?」

よくこういった質問が浮かびます。厳密にいうと似ているようで違います。

今日は番茶とほうじ茶の違いとカフェインの含有量などについてご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

【スポンサードリンク】

番茶とほうじ茶の違いは?

では番茶とほうじ茶の違いについてご紹介していきます。

カフェインの含有量だけではなく、色々違いがあるんです。

緑茶は摘む時期で「一番茶」、「二番茶」、「三番茶」、「秋冬番茶(四番茶)」と分けられます。

一番茶は4月から5月までに摘まれたもの、二番茶は6月から7月、三番茶は8月から9月、それ以降に摘まれたお茶を秋冬番茶と言います。

世に出ている「番茶」と呼ばれるものは「秋冬番茶」のことを言います。ですが、地方によって色々な番茶があります。

北海道や東北では、ほうじ茶を番茶と呼ぶことが多いです!

これは違いがありませんね。ほうじ茶のことです。

関東では「柳(煎茶)」のお茶を指します。ですので遅い時期に取れた緑茶のことですね。

また、関西では、一番茶の煎茶(緑茶のこと)の仕上げ工程の際に、荒茶から選別された大型の葉を番茶として使われることもあり、これを特に「川柳(かわやなぎ)」や「青柳(あおやなぎ)」と呼びます。

【スポンサードリンク】

番茶とほうじ茶のカフェインの含有量

番茶がどのようなものかわかりましたでしょうか?

ではほうじ茶はどのようなお茶をいうのでしょうか?ほうじ茶は番茶と同じ茶葉になります。

ほうじ茶は緑茶の茶葉を炒って焙煎してできたものをほうじ茶と言います。

「焙じ茶」と感じでは書くので、字を読むと焙煎したお茶であると理解できますね!

ですのでほうじ茶は番茶より香ばしく、茶色が濃いです。すっきりと飲みやすいのも特徴です。

番茶とほうじ茶はカフェインの含有量にも違いがあります。

お茶やコーヒーにカフェインはつきものですが、ほうじ茶は番茶と違い、焙煎をしてできたお茶です。

焙煎の過程でカフェインはだいぶ飛んでしまいます。

実際にカフェインの含有量は緑茶と比べると、番茶のほうが遅い時期に収穫されている分、少ないと言われています。

さらに、ほうじ茶の方が番茶より少ないと言われていますし、ほうじ茶の中でも、番茶(遅い時期に収穫したお茶)などを原料にしたほうじ茶は低カフェイン系と言われ、低カフェインのほうじ茶も売られています。

最後に

番茶とほうじ茶の違いとカフェインの含有量についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

地方によってお茶の呼び方などに差はあるようですが、番茶とほうじ茶は似ているようで違いがあるということが分かりました。

飲み過ぎはなんでもよくありませんが、番茶とほうじ茶のカフェインなどの良いところを取り入れて美味しくお茶をたしなみたいものですね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【スポンサードリンク】