ほうじ茶の効能や飲みすぎによる副作用は知っていますか?

ほうじ茶は一般的によく飲まれるお茶ですよね。

私はほうじ茶が大好きでよく飲用します。

ほうじ茶は香りも香ばしくて緑茶より飲みやすく、お年寄りから子供までよく飲まれると思います。

今日はほうじ茶の効能や副作用などについて調べてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

ほうじ茶の効能

ほうじ茶の効能と副作用についてですが、まずは効能からご紹介したいと思います。

ほうじ茶は緑茶の茶葉を炒って焙煎して作られたものです。

なので茶葉は緑茶と同じということになります。

緑茶の一番有名な有効成分は「カテキン」ですね。ほうじ茶もカテキンは豊富に含まれています。

カテキンは赤ワインなどにも含まれているポリフェノールの一種で、殺菌作用があることが知られています。

したがって、体内にある菌やウィルスを除去するのに役立ちます。

また、高血圧や動脈硬化の抑制・血中コレステロールの調節にも効果があるとされ、生活習慣病の予防にも役立ち、脂肪燃焼を効率よく行われるということにも役立ちます。

特にほうじ茶は、製造工程で茶葉の繊維の隙間がひらくために、緑茶よりもカテキンが抽出されやすくなっていると言われています。

これは良い成分がたっぷりのほうじ茶を沢山飲んで取り入れたいですね。

【スポンサードリンク】

ほうじ茶の飲み過ぎによる副作用はあるのか

ほうじ茶に含まれるカテキンの効能について分かりましたね。

次は副作用について紹介します。

一般的にお茶を飲みすぎると「カフェイン」による副作用が心配されます。ですが「カフェイン」は悪いところだけでなく、良いところもあります。

カフェインの良いところは集中力を高められる事と目を覚ませる事です。それは、カフェインに覚醒作用がある為で、その作用が眠気を飛ばしたり,脳の働きを活発にしたりしています。

よく仕事や勉強の際にコーヒーを飲むのを見かけますが、とても効果的だっだんです。カフェインを飲むことで記憶力の向上の効果もあるので、作業の生産性やスピードがアップするとも言われています。

緑茶にはコーヒーほどカフェインはありませんが、玉露など、栽培方法の違うお茶はコーヒーよりもカフェインの量が多いものもあります。

カフェインの副作用は長期的には胃腸や内臓を弱らせてしまうこと。

他にも自律神経を狂わせ、それにより肩こり・腰痛・頭痛などの症状を悪化させたりします。覚醒効果で不眠症や睡眠障害になりやすくなるなどです。

ほうじ茶は焙煎過程でカフェインを飛ばしているので、カフェインはそれほど多く含まれていません。ですので副作用の心配はなさそうです!

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回はほうじ茶の効能と副作用についてご紹介しました。

ほうじ茶は一般的によく飲まれるお茶です。

香ばしく、そこまで渋さもありませんし、飲みやすいお茶ですよね。

効能も緑茶のように沢山ありますし、副作用もさほどないようですので積極的に飲んでも良さそうですね。

毎日ほうじ茶を飲んで健康的な生活を送りたいと思います。

あなたもぜひ、ほうじ茶を日常に取り入れてみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】