何だか最近頬骨が痛いな・・と感じることありませんか?    

病気だったらどうしようと心配になりますよね。

頬骨が痛い原因は色々考えられますが、ストレスがその一つとなっている可能性もあります。

そこで今回は頬骨が痛い原因がストレスによる場合と、その対処法について紹介していきます。

【スポンサードリンク】

 頬骨が痛い原因はストレスによる顎関節症の可能性も

頬骨が痛い原因としては、ストレスによる顎関節症が考えられます。

顎関節はちょうど耳の穴の手前、手で押さえて口を開けると凹む部分です。

ストレスにより強く歯を食いしばったり、睡眠中に歯ぎしりをすると歯や顎に強い圧力がかかります。

その結果歯が割れたり、顎の骨がもろくなり顎関節が炎症を起こして頬骨にも痛みが生じるというわけです。

人は強いストレスを感じると、ストレスから心身を守るために無意識のうちに強く歯を食いしばる傾向にあります。

歯を食いしばることで、頬骨が痛くなるという他にも偏頭痛や肩こりなど様々なトラブルを引き起こす原因ともなりま
す。

また特に体が成長段階にある若い人が頻繁にやると、耳の下から顎にかけての筋肉や骨が異常に発達して顔が大きく
なってしまう可能性もあります。

更に、歯ぎしりの原因としては歯のかみ合わせ悪さなどもありますが、ストレスもその一つだと言えます。

絶えずストレスにさらされていると、睡眠中も悪夢にうなされたりして無意識に歯ぎしりをする場合があります。

歯ぎしりにより歯や顎に強い圧力がかかり、顎関節や頬骨を痛める原因となってしまうので注意が必要です。

【スポンサードリンク】

 頬骨が痛い原因、ストレスによる顎関節症対処法とは?

頬骨が痛い原因の一つが、ストレスによる歯のくいしばりや歯ぎしりだということが分かりましたよね。

では、歯のくいしばりや歯ぎしりを防止し、頬骨が痛い原因を取り除くにはどうしたらよいかを見ていきましょう。

まず、ストレスがかかる場面で予め自分で歯を食いしばらないように意識すると、少しずつ頻度は減ってくるとされて
います。

更に、ストレスを溜め込まないように、スポーツやカラオケ、趣味などを適度にやって上手に発散させましょう。

温泉に入ったり、マッサージに行く、アロマを焚くなど体をリラックスさせるケアも生活に取り入れましょう。

日常的に歯をくいしばる癖のある人は、食事もあまり噛まないで短時間で終わらせる傾向にあります。

意識して食事はよく噛んで、できるだけゆっくり食べるようにしましょう。

そして、睡眠中の歯ぎしり対策としては、枕を少し低くすると肩や首などのかかる負担も減るので良質な睡眠がとれま
す。

また、歯や歯茎、関節への圧力を最小限にとどめるために、マウスピースを使ってみるのも一つの方法だと言えます。

自分の歯の形状にあったものを作るには、通販などが購入するよりは歯科医院で一度相談してみるとよいでしょう。

病院によって多少差はありますが、大体5000円前後でマウスピースを作ることができるのでおすすめです。

【スポンサードリンク】