頬がピクピクとするような痙攣のような症状を経験された事のある方はいると思います。

すぐに止まればいいのですが、なかなか止まらない場合はとても気になりますよね。

この痙攣の原因には、目の疲れからくるものだけでなく、止まらないが原因で病気の症状で現れている場合もあるかもしれません。

特に、痛みを感じるわけでは無くとも、気になってしまいますよね。

治し方についても気になるところです。

この頬の痙攣、一体どんな病気が原因なのでしょうか。

今回はその頬の痙攣が止まらない原因や治し方調べてみました。

【スポンサードリンク】

頬の痙攣とは?

頬が痙攣する病気として最も考えられるものが、片面顔面痙攣という病気です。

この病気は、片方の顔面が自分の意志に反して痙攣するもので、中高年層の女性に多く発症すると言われています。

目元や瞼の辺りが、ピクピクと痙攣したことのある人はいませんか?

この程度の痙攣であれば、かなりの方が経験していると言われています。

人前の緊張、ストレス、疲れ、強い閉眼などの顔面筋の運動などで誘発されやすくなります。

通常目の周りから始まり、徐々に口元へ広がります。

初めのうちはまぶたの疲れ時に出るまぶたのぴくぴくする症状と見分けが難しいときもとあります。

徐々に進むと、あごの下の筋肉もけいれんするようになります。

頻度は、最初は緊張したときなど時々だけですが、徐々にけいれんしている時間が長くなっていきます。

やがて一日中、ときには寝ていても起こるようになることあります。顔面けいれんの主な症状目の周りのピクピクとする症状から始まり、頬、額、口、顎へと症状が広がります。

【スポンサードリンク】

頬の痙攣が止まらない原因とは?

止まらない頬の痙攣の主な原因は頭蓋内の血管による顔面神経の圧迫によるものが考えられます。

ストレスにより頬の痙攣が止まらない症状として起きている場合もあります。

顔面神経はストレスが強くなる事で興奮し、不必要に筋肉を動かしてしまう事から頬の痙攣が症状として現れます。

ストレスの多い現代社会。このストレスによる頬の痙攣は特に若い女性に多いです。

心が疲れているサインを出してくれているものだと思って、心身ともにゆっくり休む事を心掛けましょう。

主な原因と言われているのは、悪玉コレステロールです。

この、悪玉コレステロールが血管を硬くして弾力性を失わせてしまいます。

それにより、顔の神経を圧迫することによって痙攣が起きることが考えられます。

これらは、片面顔面痙攣だけではなく、様々な生活習慣病をはじめとする大きな病気の原因にもなります。

頬の痙攣治し方

頬の痙攣の治し方はバランスの良い食事やしっかりとした睡眠などを心がけましょう。

細かく説明しますと、目の周りにある筋肉で、本来そこに供給されるはずの栄養素が行き届かないために異常が起こり、頬の痙攣が起こるのです。

現段位人はストレスの多い生活の中で過ごしているので、治し方として心身を休ませる事、リラックスをする事で和らいきます。

【スポンサードリンク】